創薬の成否の鍵を握る
安全性研究

研究

Y.Yamashita

研究部 安全性研究グループ
2014年入社
獣医学部 獣医学科卒

入社の理由

入社の理由

目標に向けて前向きに
挑戦していくという価値観が一致

獣医学部での学びを通して、「創薬に携わり、より多くの生命の健康と安心に貢献したい」という思いを強く抱くようになり、製薬企業の研究職を志望しました。
就職活動を通じて数多くの製薬企業を知る中で、マルホが皮膚科学領域のスペシャリティファーマとして治療薬のみならず、ケアサイクル全体への質の高い貢献をめざしており、皮膚の健康を通して実現するQOL(生活の質)の向上を大切にしている点に大いに魅力を感じました。
入社の決め手は、皮膚科学へ質の高い貢献を行うという「あるべき姿」へ向け、明確な夢や目標を持ち、そのゴールへ向かって挑戦と努力を続けるマルホの姿勢が、私が大切にしてきた「目標の設定とその達成以上をめざして前向きに努力する」という価値観に一致したからです。この価値観を実践しているマルホにおいて研究者として挑戦したいと思いました。また、面接を通して話をした方々から人としての温かさや研究に対する熱意を感じ、職場環境に魅力を感じたことも決め手の一つとなりました。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

専門性の主軸を「毒性病理診断」に置きながら、さまざまな毒性試験業務を担当

私の所属する安全性研究グループでは、ヒトに投与する臨床試験に移行する前に、開発候補化合物が生体にどのような変化をもたらすか、その投与量はどれくらいかなど種々の毒性試験を実施して、ヒトに対するリスクを判断しています。この試験をクリアしない限り、候補化合物を臨床試験の段階に進めることができないため、創薬の成否の鍵を握る責任ある仕事の一つです。
In vivoでの毒性試験業務を担当すると同時に、私は専門性の主軸を「毒性病理診断」に置いており、特に毒性試験で発生する病理組織学的検査に深く携わっています。また、自部署や他部署で実施している、評価モデル作製等の基盤技術の構築に対し、組織学的観点から連携して業務を行っています。

私の挑戦

私の挑戦

新薬の開発プロジェクトに参画
開発品のリスクについて評価する役割を担う

入社以来、一貫して毒性分野の業務に深く携わってきました。それに加えて、現在、新たにプロジェクトメンバーの一員として開発プロジェクトに参画し、毒性試験を担う立場から、開発候補化合物のリスクについて評価する役割を担っています。開発プロジェクトにおいて、安全性研究グループの判断が処方設計、ひいては開発の是非に多大な影響を与えることをあらためて実感し、適切に毒性を評価する能力を向上させるために努力しています。
また、開発プロジェクトに参画したことで、他のさまざまな部署の業務や開発を進める上での部署間の連携について意識しながら仕事を進めるようになって おり、これまでの数々の挑戦を通じて、研究者としての成長を実感しています。

仕事のやりがい

仕事のやりがい

毒性評価能力を向上させつつ、
毒性の適切な評価を実現していく

安全性研究グループの判断が開発の是非を左右するとともに、リスクを見逃すことでヒトの健康に影響を及ぼす可能性があります。そのため、責任の重さを痛感するとともに、毒性を適切に評価することが仕事のやりがいとなっています。
毒性の適切な評価はハードルの高い仕事であり、開発候補化合物が世の中に出た時に「ヒトの健康に悪影響を及ぼす可能性はないか?」、さらにIn vivoでの変化に対して「本当にそれが毒性なのか?」を厳密に判断しなければなりません。そのためには、自分自身の毒性評価能力を向上させるための努力はもちろん、毒性メカニズムの解明、バイオマーカーの探索など、安全性をより高めるための研究を継続することが重要なテーマであると考えています。

かなえたい夢

かなえたい夢

専門性を深めつつ、視野を広げ、
多角的な視点を持った研究者をめざす

マルホでは、創薬の動きがますます加速する中で、研究職の可能性が広がっています。こうした状況の中で、私個人としては、まず毒性病理診断の専門家をめざして、「専門性を深めていく」ことで研究開発に貢献したいと考えます。
また、毒性病理診断という主軸の専門性を深める一方、「視野を広げる」という観点から創薬に関わる知識を幅広く身につけ、多角的な視点を持って仕事に取り組む研究者になりたいです。
また、毒性メカニズムの解明等の基盤研究を通して、グループとして安全性を積極的に高めるための情報を発信できる、前向きな存在をめざしていきます。

ある日のスケジュール

  • 8:20

    出社。

  • 8:25

    始業。メールのチェック。デスクワーク。実験の準備など。

  • 9:30

    In vivo毒性試験業務。データの整理。

  • 12:30

    昼休憩。

  • 13:30

    病理組織学的検査関連業務。デスクワーク。

  • 17:40

    退社。

学生へのメッセージ

学生へのメッセージ

マルホは皮膚科学領域を主軸としており、その分野において培ってきた豊富な知識と技術、ネットワークがあります。質の高い貢献を実現している皮膚疾患がある一方で、治療満足度が十分でない皮膚疾患も多く存在することから、研究開発においてこれからも質の高い貢献をめざした挑戦が続くと考えています。
また、組織風土として、若手から積極的に発言し、チャレンジできる環境にあるとともに、職場の人間関係が良好で、部署を問わず、どんなことでも相談しやすい環境であると思います。

学生へのメッセージ

OTHER
PEOPLE

研究職

  • T.Shimizu

    研究

    T.Shimizu

  • Y.Yamashita

    研究

    Y.Yamashita

開発職

  • S.Murasawa

    開発

    S.Murasawa

  • S.Ogawa

    開発

    S.Ogawa

CMC職

  • H.Yuasa

    CMC

    H.Yuasa

  • S.Tago

    CMC

    S.Tago

MR職

  • T.Ogaki

    MR

    T.Ogaki

  • K.Nakamura

    MR

    K.Nakamura

  • R.Mori

    MR

    R.Mori

ENTRY
ページトップへ