マルホのあゆみ

使用アイコンについて

マルホの製品の歴史
アトピー性皮膚炎 アトピー性
皮膚炎
皮脂欠乏症 皮脂欠乏症
ざ瘡(ニキビ) ざ瘡
(ニキビ)
乾癬 乾癬
感染症 感染症
スキンケア スキンケア
診断薬 診断薬
医療機器 医療機器
マルホの会社の歴史
海外 海外
マルホの製品の歴史
マルホの会社の歴史
マルホの歴史は、創業者 木場栄
熊の「社会に貢献したい」とい
う志から始まりました。
日本の医療の近代化のため、
1901年に単身渡米。
帰国後の1915年、大阪・道修町
にマルホの前身である「マルホ
商店」を創業しました。

木場は、1898年、東京薬学校(現 東京薬科大学)を卒業、薬剤師免状取得後に薬局に勤務を経て、東京に薬局を開局しました。しかし、「これからの時代に通用する新薬の知識を学べるのは、日本ではなく世界だ」という募る想いを胸に、1901年、26歳で単身での渡米を実現。現地の薬局に勤務し、その後も度々渡米するなど、アメリカにおける新薬の知識を吸収しました。

木場栄熊

1915

木場栄熊がマルフォード社(アメリカ)と日本代理店契約を締結、大阪府道修町に薬の製造と卸を兼ねた「マルホ商店」を創業

マルフォード社外観

「マルホ」の名は、このマルフォード社にちなんでつけられました。

ルエチンの広告
(1915年11月
艸楽新聞)

マルフォード社(アメリカ)の「ルエチン(野口英世発見の梅毒皮フ反応薬)」をはじめ34製品の取り扱いを開始

1917

マッケソン・エンド・ロビンス社(アメリカ)の蚊よけクリーム「モスキトン」、過酸化水素歯磨「カロッキス」を発売

ドクトル・A・ワンダ社(スイス)の完全栄養料
「オバルチン」を販売

1920

マルホ商店を合資会社化

マルホ商店外観

1922

ドクトル・カーデ社(ドイツ)の喘息治療注射剤
「アストモリジン」を発売(~1977年)

1924

シンシナチ大学(アメリカ)教授開発の新薬 止血剤
「フィブロニン」発売

1925

米国式薬局「マルホファーマシー」を大阪に開局

マルホファーマシーの薬局調剤室

一般の薬局とは異なり、ショーケースは総ガラス張りで、周囲のビジネスセンター街にふさわしい、きわめてハイカラな店でした。

1931

マッケンソン・エンド・ロビンス社の鎮咳去痰剤「コフ」の国産化に成功、せき止めシロップ「コフ舎利別」として発売

1932

東京出張所を開設

国産モスキトンの宣伝物

マッケンソン・エンド・ロビンス社の蚊よけクリーム「モスキトン」の国産化に成功、発売

1938

ブロンキスの広告

咳止めボンボン「ブロンキス」など続々と新製品を発売

1939

株式会社マルホ商店を設立
マルホ製薬工場を建設

1940

1940年、マルホ商店の研究室に、ドイツ人女性科学者が勤務していました。顧問格として、マルホ商店の研究室で研究生の指導にあたっていました。

1941

スクナの広告

結核性疾患治療剤「スクナ」、強力強心利尿剤「ストロファンチン注射液」を発売

1942

1942年、太平洋戦争の激化に伴い、医薬品業界における企業整備が実施され、マルホを含む製薬企業7社が発起人となり、全41社による和協製薬株式会社が設立

1943

マルホ商店を解散、本社、工場の建物、機械器具その他一切を和協製薬株式会社に譲渡

1949

株式会社マルホ商店を設立、事業を再開

マルホ商店の看板

1954

マルホ内の発條部がマルホ発條工業株式会社として独立

マルホ発條発足当時

ルイトポルド・ウエルク社(ドイツ)製の凝血阻止血行促進剤「ヒルドイド(現ヒルドイドクリーム)」発売

1962

ドクトル・カーデ社の湿疹性・細菌性皮膚疾患治療剤「エキザルベ軟膏(現エキザルベ)」発売

1963

大淀研究所を開設
大淀工場を竣工

1965

マルホ株式会社に社名変更

マルホの新しい看板

痔疾治療剤
「強力ポステリザン(軟膏)」発売

1967

新 大淀工場を竣工

1968

経皮複合消炎剤「モビラート軟膏」
発売(~2006年)

1972

彦根工場(滋賀県)を竣工

1983

西ドイツ駐在事務所(ドイツ)開設(~2006年)

1984

関節軟骨保護剤「アルテパロン」発売(~1993年)

1986

合成副腎皮質ホルモン外用剤「ボアラ軟膏」「ボアラクリーム」発売

1990

「ヒルドイド」の効能・効果に皮脂欠乏症を追加取得

1992

持続性高血圧・狭心症治療剤「ダイム錠」発売
(~2003年)

遺伝子組換え型インターフェロン-γ製剤「ビオガンマ注射用」発売(~2006年)

天然型テトラヒドロビオプテリン製剤「ビオプテン顆粒」発売(~2008年)

1994

経皮複合消炎剤「モビラートゲル」発売(~2006年)

喘息治療剤「アストモリジン配合胃溶錠」
「アストモリジン配合腸溶錠」発売(~2020年)

1995

ディスポーザブル冷却式痔疾治療用具「ポスクール」発売

1996

血行促進・皮膚保湿剤「ヒルドイドソフト(現ヒルドイドソフト軟膏)」発売

1997

本社を現所(大阪市北区中津)に移転

1998

京都リサーチパーク(京都府)内に、
研究機能を中央研究所(現 京都R&Dセンター医薬開発研究所)に集約

経皮吸収型・気管支拡張剤「ホクナリンテープ」発売(~2017年)

1999

壊死組織除去剤「ブロメライン軟膏」発売

2000

低刺激性スキンケア製品「2e(ドゥーエ)」シリーズ発売(~2014年)

滅菌済み皮膚トレパン
「デルマパンチ」発売

2001

血行促進・皮膚保湿剤
「ヒルドイドローション」発売

尋常性乾癬等 角化症治療剤
「オキサロール軟膏」発売

2002

長期ビジョン2002「皮膚科学関連医薬品のブティック・カンパニー」を発表

2003

コーポレートシンボルを刷新

2004

ヤツデ株式会社を子会社化(~2014年)

経口用ペネム系抗生物質製剤
「ファロム錠」発売

「ファロムドライシロップ小児用」発売

2006

創剤技術研究所を京都R&Dセンター内に開設

ロンドン支店(イギリス)を開設

駆虫剤「ストロメクトール錠」発売

2007

尋常性乾癬等 角化症治療剤
「オキサロールローション」発売

貼付用局所麻酔剤
「ペンレステープ」発売

2008

デュッセルドルフ駐在員事務所(ドイツ)を開設

褥瘡・皮膚潰瘍治療剤「ヨードコート軟膏」
発売(~2020年)

抗ヘルペスウイルス剤
「ファムビル錠」発売

2009

東京開発事務所を開設

ニューヨーク駐在事務所(アメリカ)を開設

抗真菌剤

「アスタットクリーム」

「アスタット外用液」

「アスタット軟膏」発売

2010

長浜工場(滋賀県)を長浜サイエンスパーク内に竣工

褥瘡・皮膚潰瘍治療剤「アクトシン軟膏」発売

2011

ニューヨーク駐在事務所をMaruho North America Inc.(MNAI)として現地法人化
(~2015年)

長期ビジョン2011
「Excellence in Dermatology」
を発表

2012

Cutanea Life Sciences, Inc.(Cutanea)
(アメリカ)を子会社化

ロンドン支店をMaruho Europe Ltd.として現地法人化(~2016年)

2013

デュッセルドルフ駐在事務所を
Maruho Deutschland GmbHとして子会社化

2014

立山製薬工場株式会社(富山県)を設立

アトピー性皮膚炎治療剤
「プロトピック軟膏」発売

スキンケア製品 iniks(イニクス)
「センシティブローション」「センシティブミルク」「ACローション」「ACミルク」発売

2015

立山製薬工場株式会社を完全子会社化

Cutaneaを存続会社として、MNAIとCutaneaを合併

ヒト型抗ヒトIL-17A モノクローナル抗体製剤「コセンティクス皮下注用」(~2015年)
「コセンティクスシリンジ」発売

尋常性ざ瘡治療剤「ベピオゲル」発売

2016

一般財団法人マルホ・高木皮膚科学振興財団を設立

同年、公益財団法人 マルホ・高木皮膚科学振興財団を設立

彦根工場敷地内に治験薬製造棟を竣工

尋常性乾癬治療剤
「マーデュオックス軟膏」発売

尋常性ざ瘡治療剤
「エピデュオゲル」
「ディフェリンゲル」発売

乳児血管腫治療剤
「ヘマンジオルシロップ小児用」
発売

キノロン系外用抗菌剤
「ゼビアックスローション」発売

スキンケア製品iniks(イニクス)
「クリーミィ フォーム」
「センシティブ ディープモイスト ローション」(医薬部外品)
「センシティブ モイストバリア ミルク」
(医薬部外品)
「ACモイスト クリア ローション」
(医薬部外品)
「ACモイスト クリア ミルク」
(医薬部外品)
発売

2017

外用頭部乾癬治療剤、
外用合成副腎皮質ホルモン剤
「コムクロシャンプー」発売

スキンケア製品iniks(イニクス)
「UV プロテクション」発売

抗ヘルペスウイルス剤
「アメナリーフ錠」発売

2018

Maruho Israel Innovation Fund GmbH & Co.KG(ドイツ)を設立化

Maruho Israel Innovation Labs LTD.(イスラエル)を設立

抗真菌剤「ペキロンクリーム」発売(~2019年)

水痘・帯状疱疹ウイルス抗原キット
「デルマクイックVZV」発売

スキンケア製品iniks(イニクス)
「クレンジング エマルジョン」
発売

がん性皮膚潰瘍臭改善薬
「ロゼックスゲル」発売

血行促進・皮膚保湿剤
「ヒルドイドフォーム」発売

2019

Maruho America Inc.(アメリカ)を設立

Maruho Medical, Inc.を子会社化
合弁会社コーセーマルホファーマ(東京都)を設立
新研究拠点マルホ湘南イノベーションラボ
(MSiL)(神奈川県)を湘南ヘルスイノベーションパーク内に開設

2020

株式会社ローマン工業(神奈川県)を子会社化

巻き爪矯正具
「巻き爪マイスター」発売

スキンケア製品iniks(イニクス)
「リキッド ファンデーション」
発売

2021

キノロン系外用抗菌剤
「ゼビアックス油性クリーム」発売

アデノウイルスキット
「エムラインAdeno」発売

A群ベータ溶血連鎖球菌抗原キット
「エムラインStrep A」発売

マルホは、創業から100余年。

時代にあわせて、今そしてこれから必要なものを考え、新しいことに挑戦してきました。
これからも、製品を通して、誰もが笑顔で暮らすことができる社会の実現を目指していきます。