患者さん一人ひとりの想いに
寄り添いながら、
皮膚科学領域の
スペシャリティファーマとして、
誰もが笑顔で暮らすことのできる
社会の実現を目指します。

代表取締役社長 杉田 淳

マルホは1915年の創業以来100年以上にわたり、人々の健康とよりよい暮らしに貢献してきました。
現在では、皮膚科学領域のスペシャリティファーマとして、
患者さんのQOL向上を目指した事業活動を展開しています。

2011年には長期ビジョン“Excellence in Dermatology ~皮膚科学領域で卓越した貢献を~”を発表し、皮膚疾患に悩む患者さんへのさらなる貢献を実現すべく、全力で取り組んでまいりました。「皮膚科学ネットワーク」「ニューコンセプト」「標準薬」「グローバル」という4つのキーワードを掲げ、国内外の皮膚科学に関する知恵や知見を集め、皮膚科学関連疾患のケアサイクル(予防、診断、治療、アフターケア)に革新的な変化を図っています。

人生100年時代と言われる長寿化などを背景として、患者さんが「健康」に求めるものは日々変化し、多様化しつつあります。我々は、見過ごされてしまっている、あるいは諦めてしまっている患者さんのニーズに応えるべく、新しい発想で画期的な製品を作り出し、速やかに患者さんの手元にお届けし、誰もが笑顔で暮らすことができる社会の実現を目指してまいります。

プロフィール

代表取締役社長杉田 淳
1974年、大阪府で生まれる。
京都大学卒業後、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院にて修士号を取得し、外資系製薬会社等を経て2012年入社。
2013年国際事業開発部副部長、2014年10月執行役員 北米事業担当、同年12月取締役 執行役員に就任。経営企画海外事業、財務、人事担当、事業/管理統括の担当を経て2020年1月取締役 副社長執行役員に就任。同年12月に現職に至る。

企業情報に戻る