活気ある医薬品開発で自らの可能性を試したい

開発

S.Ogawa

臨床開発部 臨床開発2グループ
2013年入社
薬学部卒

入社の理由

入社の理由

まだ世の中にない薬を創り出し、
患者さんに貢献したいという思い

私は人々の健康に貢献できる仕事がしたいと考え、大学に入る当初は薬剤師を志していました。しかし、就職活動を控えて、薬局実習先の管理薬剤師さんから「薬剤師は、今ある医薬品によって目の前の患者さんに寄り添うことができる。一方、製薬会社は目の前の患者さんに寄り添えないが、まだ世の中にない薬によって、より多くの患者さんに貢献できる。どちらを選ぶかもう一度じっくりと考えた方が良い」という言葉を聞き、私は後者の道を進めたらと、製薬企業への就職を志しました。
マルホを志望したのは、私が幼い頃に肌が弱くて苦しんだ経験があったため、同じように苦しむ患者さんに対して、“皮膚科”に強いマルホであれば、より高い貢献ができると考えたためです。また、可能な限り患者さんに近い環境で仕事に取り組み、疾病が治る幸せを間近で感じたいと考えたことから、臨床開発の仕事を選びました。
この他の入社の決め手として、社員を大切にし、若手の頃からさまざまな業務に挑戦する機会を与えてもらえる社風であると、採用選考の過程で感じたためです。実際のところ、入社以来ずっと、入社前の印象のままに仕事に打ち込めています。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

モニターで培った知識と経験を活かし、
モニタリングリーダーを務める

入社以来、臨床開発部にて治験の計画から実施、管理を担っています。1年目からモニターとして治験実施医療機関である大学病院や診療所を訪問し、治験の実施に関わってきました。
現在は新たにモニタリングのリーダーとなり、治験の計画をはじめ、治験関連文書の作成、CRO(開発業務受託機関)などの外部機関との交渉などを務めています。これまで現場で培った知識と経験を活かして、後輩や外部のモニターに指示を出し、治験が適切に実施されるように管理するのが使命です。患者さんのことを第一に考えて、治験実施医療機関の方々やモニターが気持ちよく仕事を取り組めるようにサポートしていくことが重要と考えています。
加えて、治験の数が増えている中で、医薬品開発に関するさまざまな課題に前向きに取り組むプロジェクトが立ち上がっています。こうしたプロジェクトにタスクフォースの一員として参画し、課題の解決を通じて事業の発展を追求することも重要な業務の一つとなっています。

私の挑戦

私の挑戦

入社したその年から、先輩の指導のもと
大規模なモニタリング業務に取り組む

入社1年目、初めて参画した治験はマルホとして規模の大きなものでした。先輩社員に指導していただきながら、治験実施医療機関に赴き、モニタリングに努めました。しかし、何事も初めての経験であり、気持ちが空回りして、思い通りに仕事を進められないことが多々ありました。
そうした中、先輩から「目的と今後の流れを明確にイメージしながら、相手の立場に配慮して、相手に伝わるように自分の考えを述べることが重要」と助言していただきました。モニタリングの仕事は、治験コーディネーターの方をはじめ、医師や看護師、薬剤師や事務局などの大勢の協力を得なければ、問題なく遂行できません。当然ながら各々に考えや思いが異なります。当初は治験実施医療機関で相手の真意の把握や柔軟な対応に苦労したものの、次第に周囲の信頼を得て仕事を進められるようになりました。思えば、1年目から貴重な経験を通じて成長する機会に恵まれたと思います。

仕事のやりがい

仕事のやりがい

やる気次第で開発業務の全体を
見渡した仕事に挑戦できる

これまでを振り返ると、私が開発に携わった製品を通じて患者さんの症状が改善し、「毎日の暮らしが楽しくなった」といった声を、医師や看護師の方々から伺ったことがあり、病気を治すだけでなく、患者さん本人やその周囲の方々の生活を豊かにできることに大きなやりがいを感じています。
また、マルホでは治験の計画から実施、管理、承認申請に至るまで、やる気次第で全体を見渡した仕事に挑戦することが可能です。これは開発業務における大きな特徴であるとともに、個人の成長として見逃せない部分だと思います。若い時から難易度の高い仕事を任され、さまざまな挑戦を通じて着実に成長できるところにこの上ない魅力を感じています。
マルホでは、2011年に発表した長期ビジョンに基づく医薬品開発が進んでおり、治験業務が大いに活気づいています。臨床開発部のメンバーとして活躍できる幅が大きく広がっている点もぜひ注目してほしいです。

かなえたい夢

かなえたい夢

医薬品の開発を通して
患者さんの生活を豊かにしたい

マルホでは、開発パイプライン(新薬候補)が増える中で、企業として大きくステップアップする時代を迎えていると実感しています。こうした恵まれた状況において、モニタリングのリーダーとして成長をめざす中で、治験の実施を後輩のモニターやCROのメンバーなどに担ってもらう機会が増えていきます。そのため、治験を確実に遂行すべく、的確な判断と指示を行い、メンバーの状況把握とサポートに努めたいです。
その先では、医薬品開発にもっと広く、深く携わっていきたいと考えています。モニタリングのリーダーとして候補品の有効性や安全性を適切に評価した上で承認申請をクリアし、いち早く良い薬を世の中に出すことで、病気に困っている患者さんやその周りの方々の生活を豊かにすることが夢です。その実現に向けて一歩一歩着実に前進していきます。

ある日のスケジュール

  • 8:30

    出社:退社後に届いたメール確認及び業務の優先順位の整理。

  • 8:45

    デスクワーク:社内外の人との検討を要する事項を優先的に実施。

  • 12:30

    昼食。

  • 13:30

    ミーティング:午前中に生じた検討事項の進捗状況や課題を確認。

  • 14:30

    治験実施医療機関へ移動

  • 16:00

    モニタリング:治験実施医療機関にてカルテなどの治験関連書類を閲覧。

  • 17:30

    医師との面会:治験の進捗状況の報告、有効性及び安全性の協議。

  • 18:00

    退社:明日以降の仕事を確認して、業務終了。

学生へのメッセージ

学生へのメッセージ

マルホでは、開発パイプラインが増えている中で、治験業務において新たに挑戦すべきことがたくさんあります。こうした状況の中、新人の時から意見を述べやすい社風や、様々な事柄に挑戦する機会に恵まれている環境を活かしてほしいと思います。私たちと一緒になって、医薬品の開発に取り組み、人々の健康に貢献していきましょう。

学生へのメッセージ

OTHER
PEOPLE

研究職

  • T.Shimizu

    研究

    T.Shimizu

  • Y.Yamashita

    研究

    Y.Yamashita

開発職

  • S.Murasawa

    開発

    S.Murasawa

  • S.Ogawa

    開発

    S.Ogawa

CMC職

  • H.Yuasa

    CMC

    H.Yuasa

  • S.Tago

    CMC

    S.Tago

MR職

  • T.Ogaki

    MR

    T.Ogaki

  • K.Nakamura

    MR

    K.Nakamura

  • R.Mori

    MR

    R.Mori

ENTRY
ページトップへ