自分たちの手で新薬を生み出し、
患者さんのもとに届けたい

開発

S.Murasawa

臨床開発部 臨床薬理グループ
2011年入社
薬学研究科
博士前期課程修了

入社の理由

入社の理由

人に接する仕事をしたいという思いから、
臨床開発のモニター職を志望

幼少期からアトピー性皮膚炎を患っていたことから、マルホの製品にお世話になっていました。それだけに皮膚科学領域で豊富な実績のあるマルホを身近に感じていました。
また、就職活動では、大学院で専攻した薬学の知識を活かせる業界をめざすとともに、人に接する仕事をしたいという思いから、臨床開発のモニター職(開発職)を志望しました。
マルホについては、会社説明会で「お節介焼きで思いやりの心を持った人が多い会社です」という人事担当の方の話が印象的で、直感的に「この会社に入りたい」と思いました。実際に働いてみて、温かい人間関係のもとで仕事にのびのびと取り組んでいます。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

開発候補品についてヒトでの安全性を確かめる第1相臨床試験のモニターを担当

入社以来、臨床試験を担うモニターとして、第1相段階で少数の健康成人や患者さんに初めて開発候補品を投与したときの安全性や薬物動態について確認する試験を行ってきました。現在は、臨床試験で開発候補品を塗布したときの皮膚局所での安全性に問題ないかを確認する皮膚安全性試験、いわゆるパッチテストを手がけています。
第1相の臨床試験は、前臨床段階の研究と第2相以降の試験をつなぐ重要なものです。開発候補品がどのように有効性や安全性を発揮するのか、患者さんに新薬として届けるまでのストーリーを思い描きながら、仕事を進めるよう意識しています。
このほか、市場にすでに出ている製品に新たな価値を生み出す「育薬」という仕事にも関わり、医療現場からのニーズに合わせたより低刺激性で塗り心地の良い薬の開発や、既存品にはない新たな剤形の薬の開発を行っています。

私の挑戦

私の挑戦

臨床試験前の開発候補品に関する
開発早期プロジェクトに参画

臨床試験のモニターを務める一方、新たな試みとして、臨床試験の段階に入っていない複数の開発早期プロジェクトに参画し、将来予定される臨床試験を見すえた情報収集と開発計画の検討を行っています。
この段階では参考となる試験データが少なく、限られた情報から開発候補品の可能性についてイメージを描かねばならない難しさがあります。しかし、どのような症状の患者さんに臨床試験をお願いし、どのような方法で評価するのがよいのかなど、未知の部分が多いからこそ面白い挑戦だと思います。開発対象となる疾患について医療現場の先生方から生の声を聞いて情報収集し、開発候補品のめざすべき位置づけをイメージしながら開発の提案を行っていきたいと思っています。

仕事のやりがい

仕事のやりがい

製薬企業の社員としての
使命、仕事の意義を実感

製薬会社の社員にとって何よりうれしいのは、自分が携わった薬が世に出て、患者さんに喜ばれることです。その点、私は幸運なことに、担当したプロジェクトのいくつかが新薬として承認され、アトピー性皮膚炎やニキビの治療薬として患者さんに処方されています。しかも、自分が開発に携わった製品について、かかりつけの先生から「ほかの患者さんから塗り心地よいと評判だから使ってみて」と勧められたとき、とても感動したのを覚えています。
また、大学との共同研究を進める中で、疾患に悩む患者さんや、有効な選択肢がなく治療に苦労している医師の姿を目の当たりにした時、医療現場には常にニーズがあり、それに応える新薬を医療現場に届けることが製薬会社の役割であると感じました。同時に、自分はとてもやりがいのある仕事に携わっているのだとあらためて実感しました。まだ治療薬のない疾患に対して、臨床試験の仕事を通じて新薬の上市に一日も早く貢献したいと願っています。

かなえたい夢

かなえたい夢

まだ治療薬のない疾病を克服できる
新薬の開発で貢献したい

私の大きな夢として、マルホが日本ではもちろんのこと、世界における皮膚科学領域トップの製薬会社となり、マルホの薬が世界中の患者さんに貢献できる日が来る、ということがあります。そのために、開発早期プロジェクトを通じて、将来の上市につながる開発候補品の臨床試験で貢献していきたいです。
その第一歩として、大学との共同研究で携わった疾患の治療薬開発を実現し、臨床試験の成功に貢献することをめざしています。できることなら、大学との共同研究時に外来見学で見かけた幼い患者さんが成人するまでに、上市の夢をかなえることができればうれしいです。

ある日のスケジュール

  • 9:20

    出社。

  • 9:30

    始業、メールチェック。論文抄読、情報の整理。

  • 11:00

    プロジェクト会議。

  • 12:30

    昼休み。

  • 13:30

    プロジェクトの課題検討。

  • 15:00

    チームミーティング。

  • 16:00

    臨床試験資料の準備。

  • 17:30

    翌日の会議準備。

  • 19:00

    退社。

学生へのメッセージ

学生へのメッセージ

マルホの一番の魅力は、チーム力を大切にしているところです。組織の風通しがよく、年齢や役職が異なる社員とも気兼ねなく話せる環境が整っています。そして、全社員が患者さんに薬を届けるという同じ目標に向かってプロジェクトを前に進めています。
皮膚は人の目に触れる部位なので、その疾患は患者さんのQOLに大きく関わります。そこで、皮膚科学領域No.1の製薬企業として、皮膚疾患に悩む患者さんに貢献できることはとてもやりがいがあります。私たちと一緒になって同じ夢に向かって挑戦する仲間を楽しみに待っています。

学生へのメッセージ

OTHER
PEOPLE

研究職

  • T.Shimizu

    研究

    T.Shimizu

  • Y.Yamashita

    研究

    Y.Yamashita

開発職

  • S.Murasawa

    開発

    S.Murasawa

  • S.Ogawa

    開発

    S.Ogawa

CMC職

  • H.Yuasa

    CMC

    H.Yuasa

  • S.Tago

    CMC

    S.Tago

MR職

  • T.Ogaki

    MR

    T.Ogaki

  • K.Nakamura

    MR

    K.Nakamura

  • R.Mori

    MR

    R.Mori

ENTRY
ページトップへ