米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology:AAD)の 医学生涯教育プログラムの1つである『Question of the Week』から厳選した問題(日本語版)を毎月1問お届けします。

The Content is owned by and licensed with the permission of the American Academy of Dermatology (“AAD”) for personal educational use only. The Content may not be distributed in whole or in part to any third parties without express written permission from AAD, nor may end users translate, edit, modify or otherwise create derivative works from the Content. The licensing of the Content by AAD does not constitute or imply any endorsement of any company and/or any of its goods, services or written work product.

>免責事項

AAD Self-Assessment Question 日本語版

Question18New

全身性エリテマトーデス(SLE)の既往がある女性、60歳。両腕、両脚、体幹に広範囲の水疱が出現した…診断名は?

写真:Jessica Kaffenberger, MD提供<br />無断複写・転載禁止

写真:Jessica Kaffenberger, MD提供
無断複写・転載禁止

【症状】
全身性エリテマトーデス(SLE)の既往がある女性、60歳。両腕、両脚、体幹に広範囲の水疱が出現した。4 mmのパンチ生検では表皮下に好中球を伴う水疱を認め、蛍光抗体直接法で基底膜に沿って免疫グロブリン(Ig)G、A、MとC3の沈着を認めた。
【2020年02月12日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 17

女性、22歳。頸部、両腋窩、両腕に発疹。最も考えられる診断名は?

写真:National Library of Dermatologic Teaching Slides提供  <br />無断複写・転載禁止

写真:National Library of Dermatologic Teaching Slides提供 
無断複写・転載禁止

【症状】
女性、22歳。頸部、両腋窩、両腕に発疹がある。発疹は約10年前から緩徐に出現した。診察では側頸部、腋窩、両腕の肘窩に、融合した黄色がかった丘疹と局面がみられた(画像参照)。顔面は鼻唇溝と顎の皺が目立ち、眼科検査では写真の所見がみられた。
【2020年01月15日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 16

この患者が発症するリスクが最も高い疾患・症状は何ですか?

写真:Journal of the American Academy of Dermatology提供 <br />無断複写・転載禁止

写真:Journal of the American Academy of Dermatology提供
無断複写・転載禁止

【症状】
肥満であること以外は健康な男児、10歳。後頸部(うなじ)の過剰な色素沈着を主訴に受診した(画像参照)。診察では頸部の皮膚がビロード状に肥厚しており、皮膚紋理の増強も認めた。患児の兄弟も同様の色素沈着があり、後頸部の皮膚で最も顕著にみられた。
【2019年12月11日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 15

原因となった微生物として最も考えられるものは何ですか?

写真:American Academy of Dermatology提供<br />無断複写・転載禁止

写真:American Academy of Dermatology提供
無断複写・転載禁止

【症状】
男性、15歳。激しい頭痛とびまん性の筋肉痛を主訴に受診した。体温は38.8°Cで、皮膚診察では手首、足首、手掌、足底、足背に点状出血が散見され…
【2019年11月13日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 14

臨床像と病理組織学的所見から、最も考えられる診断名は何ですか?

写真:American Academy of Dermatology提供 <br />無断複写・転載禁止

写真:American Academy of Dermatology提供
無断複写・転載禁止

【症状】
男児、生後12カ月。前額部、体幹、右鼠径部に5 mm大の硬い紅色を帯びた褐色丘疹が散在している。病変はおよそ6カ月前から出現しているという。両親によると、病変部に腫れや水疱が生じたことはない。システムレビューで顔面紅潮、下痢、腹痛は認めなかった。病理組織学的検査では…
【2019年10月09日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 13

左上肢に線状の皮疹が出現したため受診した4歳女児。診断名は?

写真:Andrea Zaenglein, MD.提供<br />無断複写・転載禁止

写真:Andrea Zaenglein, MD.提供
無断複写・転載禁止

【症状】
女児、4歳。4カ月前から左上肢に線状の皮疹が出現したため受診した(画像参照)。皮疹に自覚症状はなく、特に変化なく経過している。ほかの部位には皮疹を認めない。フルオシノニド軟膏0.05%を1日2回、3週間外用したが、変化はみられなかった。
【2019年09月11日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 12

この患者の管理方針として、最も適切なものはどれですか?

写真:Andrea Zaenglein, MD.提供<br />無断複写・転載禁止

写真:Andrea Zaenglein, MD.提供
無断複写・転載禁止

【症状】
女児、生後8カ月。アトピー性皮膚炎の評価と管理目的で受診した。成長と発達は正常である。身体診察で偶発的に、腰背部に写真の所見が見つかった。
【2019年08月09日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 11New

5年前より下腿のみに分布する掻痒性皮疹を呈している45歳男性。診断名は何ですか?

写真:Nicole Burkemper, MD提供<br />無断複写・転載禁止

写真:Nicole Burkemper, MD提供
無断複写・転載禁止

【症状】
男性、45歳。5年前より下腿のみに分布する掻痒性皮疹を呈している(画像参照)
【2019年07月10日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 10

この患者の症状から、患者の管理上、次に行うこととして最も適切なのは何ですか?

写真:Amit Garg, MD提供<br />無断複写・転載禁止

写真:Amit Garg, MD提供
無断複写・転載禁止

【症状】
女性、27歳。下肢に多数の圧痛を伴う結節(画像参照)が生じたため受診した。結節は1カ月前より両下肢に出現している。外傷の既往はない。朝の嘔気および嘔吐、体重増加、腹部膨満感がある。内服薬は経口避妊薬のみで、6カ月前に内服を中止した。漢方薬や市販薬は服用していない。身体診察では…
【2019年06月12日】

クイズを見る

ページのトップへ

Question 09

最も考えられる診断名は何ですか?

写真: Dr. Jeffrey Donovan提供<br />無断複写・転載禁止

写真: Dr. Jeffrey Donovan提供
無断複写・転載禁止

【症状】
アフリカ系アメリカ人女性、28歳。前頭部の生え際に沿って脱毛が生じている。症状は左右両側に同様に認められる。
【2019年05月08日】

クイズを見る

ページのトップへ

マルホ皮膚科セミナー

WEB LIVE SEMINAR

マルホWEBライブセミナー

2020年02月18日(火)
第1部 18:30~19:10
第2部 19:30~20:10
小児アトピー性皮膚炎WEBライブセミナー
-----------------------------
2020年02月19日(水)
第1部 12:30~13:10
第2部 13:20~14:00
ざ瘡関連WEBライブセミナー

皮膚科関連学会/情報検索

maruhoツールオーダー

※各コンテンツ配信医師のご所属先、
肩書きはご監修当時のものとなります。

ページトップへ