痔に悩むすべての方に向けてマルホがお届けする、痔の総合情報サイト
TOP > 痔の基礎知識 > 痔のタイプは? > 痔核(いぼ痔)

痔の基礎知識

監修: 東京山手メディカルセンター 副院長 大腸肛門病センター長
佐原 力三郎 先生

痔のタイプは?

痔核(いぼ痔)

痔の中でもっとも多く、男女とも患者さんの半数以上を占めます。

肛門クッションが腫(は)れて起こる痔核には、歯状線より上の直腸(粘膜)部分で発生する内痔核と、下の肛門(皮膚)部分で発生する外痔核があります。内痔核が大きくなり、それを支える組織が弱くなると、肛門から脱出するようになります。

痔核(いぼ痔)
原因

いきみのくりかえし、便秘、下痢、重い物を持った時などに肛門に負担がかかり、肛門クッションが腫れるために起こります。

症状

排便した時に血が出る、便が残っている感じがする、肛門から痔核が外へ出ているなど。通常痛みは伴いません。

次ページ男女で違うなりやすいタイプ

ページの先頭へ戻る