痔に悩むすべての方に向けてマルホがお届けする、痔の総合情報サイト
TOP > 痔の基礎知識 > 痔のタイプは? > 男女で違うなりやすいタイプ

痔の基礎知識

監修: 東京山手メディカルセンター 副院長 大腸肛門病センター長
佐原 力三郎 先生

痔のタイプは?

男女で違うなりやすいタイプ

痔は年齢・性別を問わず起こる病気ですが、便秘やストレス、生活スタイルの違いなどにより、なりやすい痔のタイプには男女で少し違いがあります。

痔の患者さんの半数以上を占めるのが痔核(じかく:いぼ痔)で、これは男女差は特にありませんが、痔瘻(じろう:あな痔)は男性に多く、裂肛(れっこう:きれ痔)は女性に多くみられます。

また、最近では女性の受診者数が増えてきています。

社会保険中央総合病院大腸肛門病センター肛門科における受診者数
寺本 龍生 編 『肛門部疾患診療最前線』 より引用、一部改変
女性は、便秘になりやすかったり、妊娠・出産でおしりに負担がかかりやすく、痔になりやすい傾向がみられます。
痔核(いぼ痔)3つのタイプ

ページの先頭へ戻る