ホーム

基礎からわかる外用剤

皮膚における代謝について

代謝されると失活(活性が低下する場合も含む)する薬物を「アンテドラッグ」といい、逆に代謝されることで活性化(活性が高まる場合も含む)する薬物を「プロドラッグ」といいます(表2)。

表2. 皮膚外用剤のアンテドラッグとプロドラッグ

アンテドラッグ 局所作用型 ステロイド外用剤の一部や活性型ビタミンD3外用剤など 酪酸プロピオン酸
ヒドロコルチゾン
パンデル
プレドニゾロン吉草酸
エステル酢酸エステル
リドメックスコーワ
ジフルプレドナート マイザー
マキサカルシトール オキサロール
全身作用型 失活するものは存在しない
プロドラッグ 局所作用型 プレドニゾロンファルネシル酸エステル ファルネゾンゲル
ロキソプロフェンナトリウム水和物 ロキソニンパップ、
ロキソニンテープ
全身作用型 本邦には存在しない

局所作用型の「アンテドラッグ」は、全身性の副作用を軽減することを主な目的としています。例えば、活性型ビタミンD3は全身に多量に存在すると高カルシウム血症や急性腎不全などの副作用を発現する場合があります。このような副作用を軽減させるため、活性型ビタミンD3外用剤では主薬を皮膚で代謝させること(図7)で、できるだけ活性型の主薬が全身に移行しないように工夫されています。

図7. 活性型ビタミンD3(マキサカルシトール)の皮膚での代謝
図7. 活性型ビタミンD3(マキサカルシトール)の皮膚での代謝

局所作用型の「プロドラッグ」は有効性を高めることを主な目的としており、ファルネゾンゲルの主薬であるプレドニゾロンファルネシル酸エステルはファルネシル酸をプレドニゾロンにエステル結合させることで炎症部位への取り込みを増加させ、局所作用を高めています(図8)。

図8. ファルネシル酸プレドニゾロンの化学構造式
図8. ファルネシル酸プレドニゾロンの化学構造式

皮膚で代謝され失活する「アンテドラッグ」は全身に移行してもほとんど効果を示さないため、全身作用型の外用剤には用いられません。全身作用型の「プロドラッグ」は局所では効果(副作用)を発現せず全身での効果が期待できる理想の主薬ですが、本邦の外用剤には用いられていないのが現状です。

外用剤の中には、経口剤などに用いられていた主薬を使用しているものが少なくありません。経口剤などに用いられている主薬を外用剤化(特に経皮吸収型製剤)するメリットには、主に以下の5つがあります。

  • ①消化管や肝臓でのファーストパスエフェクト(初回通過効果)を受けにくい
  • ②作用部位が局所の場合には効率よく主薬を到達できる
  • ③製剤を容易に適用・除去でき、効果(吸収)のオン・オフが簡便である
  • ④徐放化などの製剤技術により効果の持続性が期待できる
  • ⑤効果が持続するため、経口剤と比較して服薬回数が減るなどの理由から、患者さんのQOL(生活の質)が向上する

このように外用剤化にはメリットが多いですが、単純に皮膚に適用しただけでは皮膚バリア機能により効果発現に必要な量が経皮吸収されない場合も多々あります。そのような場合には主薬の経皮吸収性を促進させる必要があります。

Coffee break:機械は人間を超えたか

医薬品の製造工程において、充填・梱包作業などをオートメーション化することで「人の手」で行うよりも処理数を格段に上げることができます。しかしながら、医薬品は患者さんの健康に係わる製品であるため、各作業工程に「人の目」による検査が欠かせないことも事実です。つまり、医薬品の製造には「機械による効率化」と「人による確認」のバランスが重要なのです。

充填作業充填作業
包装作業包装作業
人による検査人による検査
ページトップへ