メインコンテンツに移動

薬剤師のための情報 maruho square

本サイトに掲載されている内容や監修・出演の医療関係者の皆様のご所属などは公開当時のものとなります。現在と異なる場合もございますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

maruho square(マルホ スクエア)とは?

マネジメント、医療制度、地域医療連携などをテーマに、保険薬局や薬剤師の先生方の取り組みを紹介しています(年4回発行)。同コンテンツは季刊誌「maruho square」より、テーマ別に記事を抜粋して掲載しています。

maruho square アーカイブ

更新情報

2021年12月8日
「マルホ スクエア No.41」を公開しました。

保険薬局マネジメント

2021.12.8掲載

記事/インライン画像
一般社団法人宮城県薬剤師会 顧問 佐々木 孝雄 先生

臨床判断と実践的品揃え、一元的継続的服薬管理で、セルフメディケーションを支援

  • 一般社団法人宮城県薬剤師会 顧問 佐々木 孝雄 先生

酒や米、塩、タバコなどの専売品しか扱わず、その販売免許があれば食いぱっぐれがないと言われていたかつての業種店は、快適な生活のサポートをコンセプトにした品揃えを展開するコンビニエンスストアなどの業態店に取って代わられほぼ姿を消した。その歴史を酒屋の3代目でもあり、保険薬局経営薬剤師として目の当たりにしてきた佐々木先生。はたして保険薬局(調剤専業店)はドラッグストアという業態店に飲み込まれ、かつての業種店同様の運命を辿るのか-。
「保険薬局生き残りの鍵はセルフメディケーションの支援にあり、そのためには調剤情報を活かした臨床判断(トリアージ)とそれを具現化するための合理的なOTC(一般用医薬品)の品揃えおよび医療用医薬品・OTCの一元的継続的服薬管理が必要です」と話す佐々木先生にその詳細を伺った。

続きを読む

チーム医療と薬剤師

2021.12.8掲載

記事/インライン画像
日本赤十字社 京都第二赤十字病院 薬剤部 副部長 岡橋 孝侍 先生
岡橋 先生
記事/インライン画像
日本赤十字社 京都第二赤十字病院 医薬品情報管理課 課長 堀内 あす香 先生
堀内 先生

―新型コロナウイルス感染拡大防止対策―
電話診療による院外処方箋対応から始まる薬薬連携

  • 日本赤十字社 京都第二赤十字病院薬剤部 副部長 岡橋 孝侍 先生
  • 日本赤十字社 京都第二赤十字病院医薬品情報管理課 課長 堀内 あす香 先生

新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の影響拡大が懸念される中、令和2年2月28日付けの「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて(以下、0228事務連絡)」により、COVID-19蔓延防止の観点から、慢性疾患などを有する定期受診患者さんに対し、電話や情報通信機器による診療および院外処方箋の発行の留意点がまとめられた。京都第二赤十字病院(京都市上京区)は、同年3月16日から電話による再診(以下、電話診療)の受け付けを開始。薬剤部では、医薬品情報管理室(以下、DI 室)の薬剤師が中心となり電話診療による院外処方箋に対応している。今回は、その実際とメリット、今後の展望などについて、岡橋先生、堀内先生に伺った。

続きを読む

リスクマネジメント

2021.12.8掲載

記事/インライン画像
リスクマネジメント

保険薬局で薬剤師ができる抗がん剤治療患者のサポーティブケア

  • 株式会社オオノ ひかり薬局 大学病院前調剤センター 薬剤師 塚本 弘美 先生

地域包括ケアと薬剤師

2021.12.8掲載

記事/インライン画像
地域包括ケアと薬剤師

「薬剤師3.0」実現のための処方箋(7)

  • ファルメディコ株式会社 代表取締役社長/医師・医学博士 狹間 研至 先生

地域包括ケア時代の薬局経営

2021.12.8掲載

記事/インライン画像
地域包括ケア時代の薬局経営

在宅仕様への変更について

  • HYUGA PRIMARY CARE株式会社(きらり薬局) 代表取締役社長/薬剤師 黒木 哲史 先生

皮膚外用剤の基礎知識

Question & Answer

  • 医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー 取締役 堀 美智子 先生

お問い合わせ

お問い合わせの内容ごとに
専用の窓口を設けております。

各種お問い合わせ

Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

ページトップへ