メインコンテンツに移動

ぬり薬の蘊蓄

  • 佐々木研究所 大谷 道輝 先生
  1. 外用剤における基剤と剤形の重要性について

    皮膚外用剤の基剤や剤形が、経皮吸収性に与える影響などについて解説します。
  2. 主薬と経皮吸収性

    皮膚外用剤の主薬が、経皮吸収性に与える影響などについて解説します。
  3. 皮膚の状態と経皮吸収性について

    部位・年齢・皮膚疾患などによる経皮吸収性の違いについて解説します。
  4. ぬり薬を評価するために

    局所皮膚適用製剤の同等性を評価するためのガイドラインについて解説します。

本サイトに掲載されている内容や監修・出演の医療関係者の皆様のご所属などは公開当時のものとなります。現在と異なる場合もございますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

お問い合わせ

お問い合わせの内容ごとに
専用の窓口を設けております。

各種お問い合わせ

Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

ページトップへ