皮膚科疾患情報 とびひ 伝染性膿痂疹 impetigo contagiosa

  • [とびひ]Q&A

「とびひ」について詳しく知ろう

とびひの原因は?

とびひは、虫さされや汗疹(あせも)を掻いたり、小さなケガでできた皮膚の傷に細菌が入り込み、感染することで発症します。
とびひの原因となる細菌は、主に次の2つです。

黄色ブドウ球菌 (おうしょくぶどうきゅうきん)

健康な人の皮膚の表面や鼻の中にいる常在菌です。傷口などから皮膚に入り込み、増殖するときに出す毒素がとびひ発症の原因になります。 とびひの多くは、この細菌が原因です。

黄色ブドウ球菌

化膿レンサ球菌(かのうれんさきゅうきん)

健康な人の鼻の中やのどにいる常在菌です。傷口などから皮膚に入り込むと、とびひ発症の原因になります。

※A群β溶血性レンサ球菌(溶レン菌)とも呼ばれます。

化膿レンサ球菌(かのうれんさきゅうきん)

心あたりがあれば、すぐに受診しましょう!