ホーム

視診・触診

乳児血管腫は、経過とともに変化する病態であることを念頭に置いて、所見を確認することが大切です。

視診のポイント

経過 主な特徴
生下時
  • 局所の発赤(周辺は白色)が毛細血管拡張症として認められる

  • 病変が存在しない例もある
    (患者の約40%は生下時に病変が存在しなかったとの報告1)がある)

生後数週間
  • 腫瘤の形成がみられることがある

  • 平坦な状態が維持される例もある

増殖期
  • 鮮紅色で表面がいちご状の局面や腫瘤がみられる

  • 頭髪内に発生した場合は、病変部の毛髪の密度が低い

退縮期
  • ちりめん状で菲薄化した皮膚がみられる

  • 皮膚表面の色調は次第に退色していく

  • 皮膚内部に拡張した毛細血管、柔らかい腫瘤(線維脂肪組織)、皮膚表面にしわ、たるみ、瘢痕が残存する場合がある

経過 主な特徴
生下時
  • 局所の発赤(周辺は白色)が毛細血管拡張症として認められる

  • 病変が存在しない例もある
    (患者の約40%は生下時に病変が存在しなかったとの報告1)がある)

 
生後数週間
  • 腫瘤の形成がみられることがある

  • 平坦な状態が維持される例もある

 
増殖期
  • 鮮紅色で表面がいちご状の局面や腫瘤がみられる

  • 頭髪内に発生した場合は、病変部の毛髪の密度が低い

 
退縮期
  • ちりめん状で菲薄化した皮膚がみられる

  • 皮膚表面の色調は次第に退色していく

  • 皮膚内部に拡張した毛細血管、柔らかい腫瘤(線維脂肪組織)、皮膚表面にしわ、たるみ、瘢痕が残存する場合がある

  • Finn MC. et al. J Pediatr Surg. 1983 ; 18 : 894-900

<出典>
血管腫・血管奇形診療ガイドライン 作成委員会 編. 血管腫・血管奇形診療ガイドライン2013

触診のポイント

皮膚表面の状態
  • 平坦な病変では軽度の凹凸不整がみられる

腫瘤の状態
  • 圧迫しても虚脱しない

  • 駆血、下垂、蹄泣などにより軽度に膨隆することがある

  • 退縮期にかけて腫瘤が弾性軟になる

熱感
  • わずかに認める

圧痛
  • 一般になし

拍動
  • 触知することがある

<出典>
血管腫・血管奇形診療ガイドライン 作成委員会 編. 血管腫・血管奇形診療ガイドライン2013

【監修】

地方独立行政法人 神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長
馬場 直子 先生
pagetop
pagetop