ホーム

沿革

沿革

1915

創業者:木場栄熊

木場栄熊、米国マルフォード社と契約し、大阪市東区道修町にマルホ商店を創業

1920

合資会社になったマルホ商店の店頭

合資会社マルホ商店を設立
(写真:合資会社になったマルホ商店の店頭)

1923

ドクトル・カーデ製品に関し、日本総代理店契約を締結

1939

株式会社マルホ商店を設立、合資会社マルホ商店の事業を継承

1944

戦時の企業整備令により和協製薬株式会社に統合

1949

マルホ商店の看板

10月13日、株式会社マルホ商店を設立、事業を再開
(写真:マルホ商店の看板)

1952

ルイトポルド・ウエルク製品の輸入・販売契約を締結

1963

大淀研究所を開設(~1972年)

大淀工場竣工(~1967年)

1965

社名を現在のマルホ株式会社に変更

1967

新 大淀工場竣工(~1972年)

1972

彦根工場

彦根工場竣工
新 大淀工場を新 大淀研究所に改築(~1998年)

1983

ミュンヘンに西ドイツ駐在事務所を開設(~2006年)

1997

本社

本社を現所(大阪市北区中津)に移転

1998

医薬開発研究所

京都リサーチパーク内に中央研究所(現京都R&Dセンター医薬開発研究所)を開設

2002

長期ビジョン2002「皮膚科学関連医薬品のブティック・カンパニー」を発表

エジンバラにマルホ英国事務所を開設(~2003年)

2006

創剤技術研究所

京都リサーチパーク内に、京都R&Dセンター創剤技術研究所を開設

ロンドン支店を開設(~2012年)

2008

デュッセルドルフ駐在員事務所を開設(~2013年)

2009

東京開発事務所を開設

ニューヨーク駐在員事務所を開設(~2011年)

2010

長浜工場

長浜サイエンスパーク内に長浜工場竣工

2011

長期ビジョン2011「Excellence in Dermatology」を発表

ニューヨーク駐在員事務所をMaruho North America Inc.(MNAI)として現地法人化(~2015年)

2012

Cutanea Life Sciences, Inc.(Cutanea,米国)を株式取得により子会社化

ロンドン支店をMaruho Europe Ltd.(MEL)として現地法人化(~2015年)

2013

デュッセルドルフ駐在員事務所をMaruho Deutschland GmbHとして現地法人化

マルホ発條工業株式会社を株式取得により子会社化

2014 立山製薬工場株式会社を子会社として設立
2015 Cutaneaを存続会社としてMNAIとCutaneaを合併
2016 マルホ創業家(高木家)とともに、一般財団法人マルホ・高木皮膚科学振興財団を設立(同年8月に内閣府より公益財団法人として認定)

主な製品の歴史

1951-1977 喘息治療剤「アストモリジン」注射液
1953- 痔疾治療剤「ポステリザン(軟膏)」
1954-2001 非特異性脱感作剤「パスパート経皮接種液」
1954- 凝血阻止血行促進剤「ヒルドイド」
1957-1994 喘息治療剤「アストモリジンカプセル」
1959-2003 高単位綜合消化酵素剤「コンビチーム」
1960-2001 非特異性脱感作剤「パスパート皮内注射液」
1962- 皮膚疾患治療剤「エキザルベ」
1965- 痔疾治療剤「強力ポステリザン(軟膏)」
1968-2002 喘息治療剤「アストモリジン坐薬」
1968-2006 経皮複合消炎剤「モビラート軟膏」
1984-1993 関節軟骨保護剤「アルテパロン」
1986- 合成副腎皮質ホルモン外用剤「ボアラ軟膏・クリーム」
1987-2000 ディスポーザブル皮膚トレパン「ディスポパンチ」
1988-2008 鎮痛・抗炎症剤「ミナルフェン錠」
1990- 「ヒルドイド」皮脂欠乏症の効能追加。薬効分類を血行促進・皮膚保湿剤に変更。
1992-2006 遺伝子組換え型インターフェロン-γ製剤「ビオガンマ注射用200」
1996- 血行促進・皮膚保湿剤「ヒルドイドソフト」
関節機能改善剤「ヒアロス」
痔疾治療剤「ポステリザンF坐薬」
1998-2017 経皮吸収型・気管支拡張剤「ホクナリンテープ」
1999- 壊死組織除去剤「ブロメライン軟膏」
2000- 抗ウイルス剤「カサールクリーム」
2000-2014 低刺激性スキンケア製品「2e」シリーズ
2001- 血行促進・皮膚保湿剤「ヒルドイドローション」
尋常性乾癬等 角化症治療剤「オキサロール軟膏」
2005- 経口用ペネム系抗生物質製剤「ファロム錠・ドライシロップ小児用」
2006- 駆虫剤「ストロメクトール錠」
アリルアミン系経口抗真菌剤「ネドリール錠」
2007- 貼付用局所麻酔剤「ペンレス」
尋常性乾癬等 角化症治療剤「オキサロールローション」
2008- 褥瘡・皮膚潰瘍治療剤「ヨードコート軟膏」
抗ヘルペスウイルス剤「ファムビル錠」
「オキサロール軟膏・ローション」掌蹠膿疱症の効能追加
「ファロム錠・ドライシロップ小児用」製造販売承認承継
2009- 抗真菌剤「アスタットクリーム・外用液・軟膏」製造販売承認承継
2010- 褥瘡・皮膚潰瘍治療剤「アクトシン軟膏」
2011- 「ファロムドライシロップ小児用」0.5g分包包装追加
2011-2014 乳幼児用低刺激性スキンケア製品「2e Baby Plus」シリーズ
2012- 「ペンレス」伝染性軟属腫摘除時の疼痛緩和の効能追加
2013- 「ファムビル錠」単純疱疹の効能追加
「ペンレス」皮膚レーザー照射療法時の疼痛緩和の効能追加
2014- アトピー性皮膚炎治療剤「プロトピック軟膏・プロトピック軟膏小児用」
(2011.4-2014.3はプロモーション提携)
スキンケア化粧品「iniks®」シリーズ
2015- ヒト型抗ヒトIL-17Aモノクローナル抗体製剤「コセンティクス」
尋常性ざ瘡治療剤「ベピオゲル」
2016- キノロン系外用抗菌剤「ゼビアックスローション」
尋常性乾癬治療剤「マーデュオックス軟膏」
尋常性ざ瘡治療剤「ディフェリンゲル」
乳児血管腫治療剤「ヘマンジオルシロップ小児用」
尋常性ざ瘡治療剤「エピデュオゲル」

ページトップへ