ホーム

研究開発

皮膚科学領域でニューコンセプトを生み出す研究開発

マルホは皮膚科学領域に特化したスペシャリティー・ファーマとして、皮膚科外用剤を中心とした医療用医薬品の研究開発に注力し、開発パイプラインの充実や研究開発の迅速化・効率化を進めています。さらに国内外の研究者・臨床医とのネットワークを構築して、皮膚疾患の病態病理や治療法の研究・解明に貢献し、皮膚科学領域でのニューコンセプトにつながる知見を構築してまいります。

国内外の企業・研究機関との連携

皮膚疾患の病態病理・診断・治療について研究機関と連携し、共同研究・研究支援を推進しています。

情報の集約・評価とニューコンセプト創出

国内外の研究者・医療現場とのネットワークから集約した情報を評価・検証するシステムを構築し、皮膚科学関連疾患のケアサイクルに革新的な変化をもたらすコンセプトの創出を目指しています。

創薬・創剤共同研究

新製品創出に向けた新規製剤技術研究を実施するとともに、広く国内外の研究機関や製薬企業と連携し、創薬・創剤研究の具現化に向けた活動に取り組んでいます。

マルホならではの品揃えの実現

ターゲットとする疾患市場を見極めながら、早期パイプライン候補の探索方法を多様化するとともに、創薬・創剤に限らず、育薬、導入を含め、マルホならではの品揃えの実現に向けて活動しています。

医薬開発研究所外観

医薬開発研究所

皮膚疾患に有効かつ安全な化合物の探索・検証を行い、医薬品としての承認申請に必要な非臨床試験を実施し、臨床開発を推進する研究開発施設です。各種レギュレーションやガイドラインに準拠した信頼性の高い、科学的データの取得を実現しています。

はじめ材技術研究所外観

創剤技術研究所

外用剤の製剤設計、分析法の開発、工業化検討等のCMC研究を担い、有効性・安全性・品質の確保に加えて、使用性(塗り心地の良さ・使い易さ)や工業生産性(スケールアップ・生産工場への技術移転)にも注力して製剤の価値を最大限に引き出す研究を行っています。また、治験薬GMPに基づく品質システムの下で治験薬を製造、試験、供給し、臨床試験の信頼性を確保しています。

開発パイプライン

2016年9月末時点の主な開発パイプラインについてご覧いただけます。

ページトップへ