HOME

施設インタビューがん性皮膚潰瘍マネジメントの現場から

CASE4.

国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科(東京都中央区)

患者さんや家族のQOL向上を目指し
皮膚悪性腫瘍の治療に取り組むとともに
がん性皮膚潰瘍に伴う臭い等の症状にもしっかり対応

施設データ

診療科・部門 皮膚腫瘍科
チーム体制 皮膚科医、皮膚腫瘍科外来看護師、各科病棟看護師、薬剤師など
専従スタッフ なし

第2回:看護師の目線から

國分晴絵氏

國分晴絵氏

国立がん研究センター中央病院 看護部 

【略歴】

一般病院の外科系病棟・内科系病棟を経験後、国立がん研究センター中央病院へ入職。
外来スタッフとして主に皮膚腫瘍科を担当。

皮膚腫瘍科外来におけるがん性皮膚潰瘍ケアの看護体制

皮膚腫瘍科外来におけるがん性皮膚潰瘍ケアの看護体制を教えてください。

当院には、がん性皮膚潰瘍ケアの専任制度や医療チームはありません。基本的に、がん性皮膚潰瘍のある患者さんが受診されている外来の看護師がケアを担当します。ただし、乳腺外科や乳腺・腫瘍内科以外の診療科では、がん性皮膚潰瘍ケアの経験があまりないため、皮膚腫瘍科の外来看護師がケアを担当することもあります。

また、がん性皮膚潰瘍のある患者さんが入院されれば、当該病棟の看護師ががん性皮膚潰瘍のケアにあたります。例えば皮膚悪性腫瘍の患者さんが緊急入院のため消化器外科の病棟に入院した場合でも、皮膚腫瘍科の医師の指示のもと消化器外科病棟の看護師がケアを行うことになっています。

皮膚腫瘍科外来では、皮膚悪性腫瘍に伴うがん性皮膚潰瘍のケアについて私を含めた2名の看護師がメインで担当しており、医師からの要望に迅速に対応できるよう配慮しています。

がん性皮膚潰瘍ケアの実際と工夫

看護師によるがん性皮膚潰瘍ケアの流れを教えて下さい。

このコンテンツは会員限定です。

マルホ会員に登録すると会員限定コンテンツをご覧いただけます。

「がん性皮膚潰瘍ケア」LINE公式アカウントを開設しました
ページトップへ