HOME

施設インタビューがん性皮膚潰瘍マネジメントの現場から

CASE3.

江南厚生病院緩和ケア病棟(愛知県江南市)

がんの進行に伴い壊死、自壊していく皮膚潰瘍に
全人的苦痛の緩和という視点からチーム一丸で対応

施設データ

診療科・部門 緩和ケア病棟
チーム体制 医師(緩和ケア内科医、内科医・外科医・産婦人科医・耳鼻咽喉科医・歯科口腔外科医などの治療科医師)、がん看護専門看護師/皮膚・排泄ケア認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師、薬剤師など

第3回:看護師の目線から

髙倉梢氏

髙倉梢氏

江南厚生病院 緩和ケア病棟、緩和ケアチーム専従看護師

【略歴】

江南厚生病院緩和ケア病棟経験後、がん性疼痛看護認定看護師として緩和ケアチーム専従看護師として勤務。

がん性皮膚潰瘍に対するがん性疼痛看護認定看護師の関わり方

がん性疼痛看護認定看護師としてがん性皮膚潰瘍にどのように関わられていますか。

私は緩和ケア病棟に所属していますが、緩和ケアチームの専従看護師として活動しており、緩和ケア内科医と一緒に院内全体を月曜日から金曜日までラウンドしています。医療スタッフあるいは患者さんやご家族から疼痛や呼吸困難など身体症状のコントロールや、緩和ケア病棟への転入希望など様々な依頼を受けています。その1つとして、がん性皮膚潰瘍のケアがあり、可能であればケアのタイミングで、病棟看護師と一緒に患者さんのところにいき、がん性皮膚潰瘍の状態やケア状況を確認・評価を行っています。

そこで何らかの問題があれば、患者さんの病期や状態、入院されている病棟の特徴を考慮して院内の3名の皮膚・排泄ケア認定看護師のいずれかに相談を行い、一緒に対応しています。例えば、病棟看護師、あるいは患者さんやご家族がケアに不慣れで、ケア方法に問題がある場合は、皮膚・排泄ケア認定看護師と一緒に、病棟看護師が統一されたケアを行えるように、あるいは患者さんがご自宅に帰られた時にきちんとケアができるように指導方法を考えていきます。また、「患者さんが創部の痛みを訴える」「ケアをする時に痛みが出る」「臭いがある」「滲出液が多い」「出血がある」などの問題があれば、実際にケアを行う病棟看護師、もしくは患者さんやご家族に「こうしたほうが良いのではないでしょうか」と提案していきます。

症状が強い患者さんの場合は落ち着くまで連日、症状が安定している患者さんの場合には週1~2回の頻度で患者さんを訪問し、ケアの時の痛みや臭いを確認しながら、ケア方法や症状コントロールを確認していきます。

がん性疼痛看護認定看護師として、がん性皮膚潰瘍ケアで心がけていることは何ですか。

このコンテンツは会員限定です。

マルホ会員に登録すると会員限定コンテンツをご覧いただけます。

ページトップへ