HOME

施設インタビューがん性皮膚潰瘍マネジメントの現場から

日頃、がん性皮膚潰瘍のケアに携わっておられる医療従事者の方々へのインタビューを掲載致します。
スタッフの体制から、具体的なケア方法まで、医師・薬剤師・看護師などそれぞれの立場から工夫されている点やこれからの取り組みについて、お話を伺いました。

会員限定

CASE4.

国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科(東京都中央区)

国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科(東京都中央区)

患者さんや家族のQOL向上を目指し
皮膚悪性腫瘍の治療に取り組むとともに
がん性皮膚潰瘍に伴う臭い等の症状にもしっかり対応

会員限定

CASE3.

江南厚生病院緩和ケア病棟(愛知県江南市)

江南厚生病院緩和ケア病棟(愛知県江南市)

がんの進行に伴い壊死、自壊していく皮膚潰瘍に
全人的苦痛の緩和という視点からチーム一丸で対応

会員限定

CASE2.

昭和大学病院ブレストセンター(東京都品川区)

昭和大学病院ブレストセンター(東京都品川区)

地域を含めた医療スタッフによるサポート体制で、
患者さんのセルフケア能力を高める

会員限定

CASE1.

聖路加国際病院(東京都中央区)

聖路加国際病院(東京都中央区)

各医療スタッフの専門性を持ち寄り
相乗効果のあるがん性皮膚潰瘍ケアをめざす

「がん性皮膚潰瘍ケア」LINE公式アカウントを開設しました
ページトップへ