HOME

施設インタビューがん性皮膚潰瘍マネジメントの現場から

CASE4.

国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科(東京都中央区)

患者さんや家族のQOL向上を目指し
皮膚悪性腫瘍の治療に取り組むとともに
がん性皮膚潰瘍に伴う臭い等の症状にもしっかり対応

施設データ

診療科・部門 皮膚腫瘍科
チーム体制 皮膚科医、皮膚腫瘍科外来看護師、各科病棟看護師、薬剤師など
専従スタッフ なし

第3回:薬剤師の目線から

道家由行氏

道家由行氏

国立がん研究センター中央病院 薬剤部

【略歴】

国立がん研究センター中央病院で脳脊髄腫瘍科、皮膚腫瘍科を担当。
日本医療薬学会 がん専門薬剤師、日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師、日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師

国立がん研究センター中央病院における薬剤師の体制

国立がん研究センター中央病院では、どのような体制で薬剤管理指導業務を行われていますか。

当院での薬剤管理指導業務は診療科担当と病棟担当に分かれて行っています。2つの担当は併任されており、原則、診療科担当が病棟担当を兼任するようにしています。例えば、乳腺・腫瘍内科の診療科担当は乳腺・腫瘍内科の病棟担当です。しかし、一部例外で診療科担当とは別の診療科の病棟を担当している薬剤師もおり、私は皮膚腫瘍科、脳脊髄腫瘍科の診療科担当と呼吸器内科、食道外科、頭頸部外科の病棟担当をしています(取材当時)。また、全診療科の経口抗がん剤のみで治療をされている外来患者さんを対象にした薬剤師外来も担当しています。

診療科担当は入院患者さん、外来患者さんの薬剤管理指導業務を担っています。入院、外来いずれにおいても、化学療法の初回導入時や継続中、化学療法の副作用による緊急入院といったところで薬剤管理指導を行っています。

外来患者さんの薬剤管理指導業務は、通院治療センターで行っています。マンパワーの関係から皮膚腫瘍科で治療を受けている患者さん全員に関与することは難しいため、前日に介入が必要な患者さんをピックアップし、当日、通院治療センターで患者さんが点滴中に薬剤管理指導や服薬指導を行います。

なお、診療科担当の薬剤師が担いきれない薬剤管理指導や服薬指導は、入院患者さんについては当該病棟の担当薬剤師が、外来患者さんについては通院治療センター担当の薬剤師がサポートしています。

がん性皮膚潰瘍ケアにおける薬剤師の役割

がん性皮膚潰瘍ケアに薬剤師はどのように関わっていますか。

このコンテンツは会員限定です。

マルホ会員に登録すると会員限定コンテンツをご覧いただけます。

「がん性皮膚潰瘍ケア」LINE公式アカウントを開設しました
ページトップへ