HOME

施設インタビューがん性皮膚潰瘍マネジメントの現場から

CASE4.

国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科(東京都中央区)

患者さんや家族のQOL向上を目指し
皮膚悪性腫瘍の治療に取り組むとともに
がん性皮膚潰瘍に伴う臭い等の症状にもしっかり対応

施設データ

診療科・部門 皮膚腫瘍科
チーム体制 皮膚科医、皮膚腫瘍科外来看護師、各科病棟看護師、薬剤師など
専従スタッフ なし

第1回:医師の目線から

水田栄樹氏

水田栄樹氏

国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科 チーフレジデント(取材当時)

【略歴】

関西医科大学卒業後、関西医科大学医学部付属滝井病院 皮膚科、東京大学医学部附属病院および国立がん研究センター東病院の形成外科を経て2017年より国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科へ。

皮膚腫瘍科におけるがん性皮膚潰瘍の患者さんの特徴

国立がん研究センター中央病院の皮膚腫瘍科には、どのような患者さんが受診されていますか。

皮膚悪性腫瘍は種類が多く、性質は多岐にわたりますが、皮膚腫瘍科(以下、当科)ではそのすべてを対象に診療を行っています。代表的なものは、悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病、血管肉腫などです。

患者さんの多くは、専門的な手術や化学療法による治療を要する希少癌のため、大学病院を含めた他施設では治療経験がないなどの理由で、当科を「治療の最後の砦」として紹介されてきた方です。

その他に、当院の他科でがんの治療を受けられている患者さんのうち、新しくできた皮膚腫瘍が皮膚への転移か否かなどを診断するために生検を目的として受診される患者さんもおられます。乳腺外科、乳腺・腫瘍内科では、乳がんに伴うがん性皮膚潰瘍を診る機会が多く、治療ノウハウも有していますが、その他の診療科ではがん性皮膚潰瘍を診る機会も少ないため、強い悪臭や出血などの症状を生じた場合は治療の依頼を受けることがあります。

皮膚腫瘍科の診療の流れを教えてください。

このコンテンツは会員限定です。

マルホ会員に登録すると会員限定コンテンツをご覧いただけます。

「がん性皮膚潰瘍ケア」LINE公式アカウントを開設しました
ページトップへ