HOME

施設インタビューがん性皮膚潰瘍マネジメントの現場から

CASE3.

江南厚生病院緩和ケア病棟(愛知県江南市)

がんの進行に伴い壊死、自壊していく皮膚潰瘍に
全人的苦痛の緩和という視点からチーム一丸で対応

施設データ

診療科・部門 緩和ケア病棟
チーム体制 医師(緩和ケア内科医、内科医・外科医・産婦人科医・耳鼻咽喉科医・歯科口腔外科医などの治療科医師)、がん看護専門看護師/皮膚・排泄ケア認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師、薬剤師など

第1回:医師の目線から

永縄由美子氏

永縄由美子氏

江南厚生病院 内科(緩和ケア) 緩和ケア病棟医長

【略歴】

滋賀医科大学卒業後、複数の病院で消化器内科医として勤務した後に市立室蘭総合病院 緩和ケアチームおよび聖隷浜松病院 緩和医療科を経て、現職。

緩和ケア病棟におけるがん性皮膚潰瘍の特徴

江南厚生病院の緩和ケア病棟には、どのようながん患者さんが入院されていますか。

当院の緩和ケア病棟(20床)に入院されている患者さんのうち、7~8割が院内の診療科からの転入で、残り2~3割が名古屋にある大学病院やがんセンター、江南市及びその近隣の一宮市、小牧市にある病院からの紹介入院です。院内からの転入の場合には、それまでの主治医がそのまま主治医として、緩和ケア科医師が副主治医として併診のかたちをとっており、主治医は毎日、緩和ケア病棟に患者さんの様子を診に来られています。一方、他院からの紹介入院の場合は緩和ケア科医師が主治医になります。

入院の目的は、ゆっくりと療養し最期まで穏やかに生き抜くための入院(看取り入院:2~3ヵ月程度)のほか、身体症状や精神症状による苦痛を和らげるための入院(症状コントロール入院:2週間程度)や在宅療養中の患者さんのご家族の休息を確保するための入院(レスパイト入院:1週間程度)など様々です。ただし、他院から紹介入院の患者さんは看取り入院がほとんどです。

その中で、がん性皮膚潰瘍の患者さんはどのぐらいおられますか。

このコンテンツは会員限定です。

マルホ会員に登録すると会員限定コンテンツをご覧いただけます。

ページトップへ