メインコンテンツに移動

ヒルドイドの特徴・保湿作用機序


特徴

  1. 持続性のある高い保湿能を有します。(健康成人、モルモット)

  2. 血行促進作用を有します。(ウサギ)

  3. 皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症等に有用です。

  4. 以下の4製剤があり、使用部位や季節等に応じて使い分けることができます。

    • ヒルドイドクリーム0.3%

      良好な展延性を有するクリーム剤(水中油型の乳剤性基剤)です。

    • ヒルドイドソフト軟膏0.3%

      良好な展延性及び被覆性を有するクリーム剤(油中水型の乳剤性基剤)です。

    • ヒルドイドローション0.3%

      展延性に優れ、広範な患部に使用しやすいローション剤(水中油型の乳剤性基剤)です。

    • ヒルドイドフォーム0.3%

      展延性に優れ、広範な患部に素早く塗布することができるフォーム剤です。

      ヒルドイドフォーム0.3%に関する情報はこちら

保湿作用機序

監修:
  • 東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

お問い合わせ

お問い合わせの内容ごとに
専用の窓口を設けております。

各種お問い合わせ

Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

ページトップへ