ブロメライン軟膏5万単位/g スペシャルページ

患部の状態別にみた薬剤選択(外用薬)の例

患部の滲出液や潰瘍の状態により、適応となる薬剤(外用薬)は異なります。

※ブロメライン軟膏、ヨードコート軟膏、アクトシン軟膏の使用上の注意については、製品情報一覧ページより、各製品の製品添付文書をご参照ください。

滲出液の状態別にみた薬剤選択(外用薬)の例
潰瘍の状態別にみた薬剤選択の例

ブロメライン軟膏5万単位/gの特徴と使い方

ブロメライン軟膏5万単位/gは、膿苔や痂皮等の壊死組織の蛋白質を分解します。褥瘡や熱傷面の壊死組織・膿苔を分解・除去することにより、治癒を促進します。

■ 特 徴

1
膿苔や痂皮等の壊死組織の蛋白質を分解します。
2
褥瘡や熱傷面の壊死組織・膿苔を分解・除去することにより、治癒を促進します。
3
基剤は洗浄が容易な水溶性のマクロゴールです。
4
総投与症例203例中、72例(35.47%)に副作用が認められ、主なものは出血52件(25.62%)、疼痛33件(16.26%)、創縁のエロジオン4件(1.97%)等でした。(承認時)
重大な副作用として、アナフィラキシーショックを起こすことがありますので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行ってください。
ブロメライン軟膏の禁忌を含む使用上の注意および副作用については、製品添付文書をご参照ください。

■ 使い方のポイント

使い方のポイント ①生理食塩水などで創を洗浄します。②壊死組織以外の組織を保護する目的で、周囲にワセリンまたはワセリン基剤の軟膏を塗布します。③創より少し大きめのプラスチックフィルムの上にブロメライン軟膏を適量※1(創面全体をうすく覆う程度の量)とり、創に貼付します。④貼付したプラスチックフィルムの上から創全体を覆うように指で軟膏を延ばします。プラスチックフィルムは創より1cm程度大きめの形にハサミで整えます。⑤滲出液を吸収させるために上から清潔なガーゼで覆います※2。
参 考

参考画像壊死組織が硬い場合はスルファジアジン銀や亜鉛華軟膏で柔らかくしてから外科的デブリドマンを行い、残った壊死組織をブロメライン軟膏で除去します。外科的デブリドマンが行えない場合は壊死組織にメスなどで格子状に切れ目を入れ、ブロメライン軟膏が浸透しやすくします。

※1 塗布時の軟膏は約2~3mmの厚さに延ばします。多すぎると周囲の皮膚にはみ出し、痛みなどを起こしてしまうことがあります。

※2 プラスチックフィルムを使用して滲出液が多くみられた場合は、プラスチックフィルムを使用せず、直接ガーゼを貼付することもあります。

【使用上の注意】(一部抜粋)

● 重要な基本的注意
有効成分ブロメラインは蛋白分解酵素である。蛋白分解という主作用に基づいて、局所の疼痛、出血をみることがあるから、壊死組織が除去された後は使用を中止して、他の処置にかえること。
● 適用上の注意
投与方法:潰瘍面よりやや小さめのガーゼ、リントなどにうすくのばして用い、潰瘍辺縁に触れないように注意すること。
ページトップへ