メインコンテンツに移動

薬剤性腎障害に配慮した帯状疱疹治療のポイント


    記事/インライン画像
    薬剤性腎障害に配慮した帯状疱疹治療のポイント
    監修:
    • 田尻ヶ丘病院 内科 鶴岡 秀一 先生
    • 熊本大学 薬学部附属育薬フロンティアセンター長 / 熊本大学薬学部 臨床薬理学分野 教授 平田 純生 先生
    • 聖隷三方原病院 皮膚科 白濱 茂穂 先生

    【2018年10月作成】

    PDFを開く

    本資材に記載されている薬剤のご使用にあたっては、各製品添付文書をご参照ください。

    薬剤性腎障害の予後を見据えた帯状疱疹治療とは

    監修・出演:
    • 田尻ヶ丘病院 内科 鶴岡 秀一 先生

    【2018年10月作成】

    帯状疱疹治療で薬剤性腎障害を起こさないための薬剤の投与方法

    監修・出演:
    • 熊本大学 薬学部附属育薬フロンティアセンター長 / 熊本大学薬学部 臨床薬理学分野 教授 平田 純生 先生

    【2018年10月作成】

    帯状疱疹治療の際に何を気にすべきか?

    監修・出演:
    • 聖隷三方原病院 皮膚科 白濱 茂穂 先生

    【2018年10月作成】

    お問い合わせ

    お問い合わせの内容ごとに
    専用の窓口を設けております。

    各種お問い合わせ

    Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

    医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

    ページトップへ