メインコンテンツに移動

帯状疱疹の診療


監修:
  • まりこの皮フ科 院長/東京慈恵会医科大学皮膚科 客員教授 本田 まりこ 先生

帯状疱疹は日常診療においてよくみられる疾患の一つであり、水痘の既往があれば誰でも発症する可能性があります。免疫力の低下が主な原因であり、重症化すると合併症や後遺症がみられることもあるため、早期の診断・治療が重要となります。ここでは、帯状疱疹の初期診療に必要な基本的な知識についてご紹介します。

お問い合わせ

お問い合わせの内容ごとに
専用の窓口を設けております。

各種お問い合わせ

Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

ページトップへ