褥瘡(じょくそう・床ずれ)の正しいケアと治療のために~「褥瘡辞典(じょくそうじてん)」褥瘡(じょくそう・床ずれ)の予防・治療・ケアに携わる全ての皆さまに向けた総合情報サイトです。

医療関係者はこちら~「褥瘡辞典 for MEDICAL PROFESSIONAL」

患者さま・ご家族・一般の方はこちら~「褥瘡辞典 for FAMILY」

褥瘡(じょくそう・床ずれ)とは? 総監修:群馬大学大学院 医学系研究科皮膚科学 教授 石川治先生
監修:医療法人社団廣仁会 札幌皮膚科クリニック、褥瘡・創傷治癒研究所 安部正敏先生
訪問看護ステーション 有限会社きらくな家 代表 中里貴江先生
褥瘡(床ずれ)は、皮膚に持続的圧迫が加わるために血流障害が起こり、その結果として皮膚や皮下組織が死んでしまった状態(壊死)です。
柔らかい桃の果実を放置しておくと、そこから傷んでくることをご存知かと思います。それと同じことが褥瘡(床ずれ)でも起こっているのです。
適切な予防とケアを行うと褥瘡(床ずれ)の発症リスクは半分以下に抑えられますが、ゼロにすることはできません。発症してしまった褥瘡(床ずれ)に対して適切な治療を行えば、100%ではありませんが治癒させることもできます。そのためには正しい知識を持つことが大切です。一緒に勉強しましょう。

更新情報

2016-11-30
褥瘡辞典 for MEDICAL PROFESSIONALの学会セミナー情報は、11月末をもって終了いたします。

ページの先頭へ戻る