装着の注意点

巻き爪マイスター®は緻密な加工が施された医療機器です。装着後の安定性を保つために、また安全にご利用いただくために、下記の注意点について必ずご確認いただきますようお願いいたします。

適応サイズの選択

必ず爪幅に合った推奨サイズを選択してください。
爪幅が14-25mmの範囲から外れる場合には原則として装着しないようにしてください。
無理な装着によっては巻き爪マイスター®が破損することがあります。

装着前に必ず爪幅を測定し、適応するサイズを選択していただくようお願いいたします。
※測定用のシールが巻き爪マイスター®購入時に1シート同封されています。

爪周囲に強い炎症がある場合

爪の陥入による皮膚の炎症症状が強い場合には無理な装着は控えてください。
強い痛みが生じるなど、炎症症状が悪化するおそれがあります。

爪周囲の角質除去

鑷子せっし(ピンセット)やネイルケア用のゾンデなどを用いて、装着する前に爪の側縁に付着した角質をできるだけ除去してください。そうすることで、Uフックを潰した際にしっかりと爪に食い込んで固定され、巻き爪マイスター®が外れにくくなります。

コイルばねの取り扱い

コイルばねを過度に伸ばさないでください。ばねの伸長には限界があり、伸ばしすぎると不可逆変形をきたし縮まなくなってしまいます。
※彎曲が強い爪では多く引っ張るケースがあるため、特に注意してください。


伸ばしすぎて矯正具が破損した例

片側のみ彎曲している巻き爪の場合

Uフックは爪の彎曲の強い側を先に引っかけてください。
そうすることで、より簡単かつ迅速に装着できます。

フックを閉じる前に

爪の側縁がUフックの奥まで入っていることを確認してからフックを潰して固定してください。

専用工具を使用する際のポイント

Uフックを閉じる際は、目安として専用工具の柄の部分がくっつくまでしっかりと潰して締めてください。そうすることで、Uフックが爪にしっかりと食い込み、外れにくくなります。

※爪が薄かったりひび割れたりしている場合は、締める力を調整してください。

テープによる保護・固定

装着後は必要に応じて医療用テープ等で保護・固定してください。
靴下やストッキング等が傷つくのを防ぐとともに、巻き爪マイスター®が脱落しにくくなります。

※テープを貼るときは、引っ張らずに(伸ばさずに)貼ってください。
※テープは衛生面を考慮し、入浴時などに取り換えてください。
※テープを剥がすときは巻き爪マイスター®が外れないよう注意し、ゆっくり剥がしてください。

【使用するテープの例】

ニチバン社 スキナゲートメッシュ

3M マイクロポア

装着に注意が必要な巻き爪

①爪が短く、側縁にUフックを引っかけることが困難な場合

巻き爪マイスター®が爪の側縁にしっかりと固定されていないと脱落しやすくなります。

②爪に異常(ひび割れなど)がみられる場合

症状がさらに悪化する可能性があります。

③爪の厚さが薄い場合

巻き爪マイスター®の固定時や装着中に爪が欠けたり割れたりしてしまう可能性があります。

④ホチキス型(側縁近くで急に折れ曲がった巻き爪)の場合

装着に時間がかかったり、巻き爪マイスター®が破損したりする可能性があります。

使用上の注意

〔使用目的、効能又は効果〕

巻き爪(過度に彎曲した爪)を矯正する。

〔使用方法等〕

〈使用方法等に関連する使用上の注意〉
  1. 爪の側縁に遊離縁(爪床から遊離している部分)が少ない場合は、爪が伸びてから使用すること。Uフックの装着時に痛みが生じることがある。
  2. 専用工具を使用して装着すること。使用しない場合、しっかり固定されず、外れやすくなるおそれがある。
  3. 装着後に市販の医療用テープ等での保護・固定を行ってもよい。

〔使用上の注意〕

1.重要な基本的注意
  1. 装着する趾の状態(爪のひび割れ・欠損、合併症等)を確認し、忍容性を考慮した上で医療担当者が装着すること。
  2. 装着中に強い痛みや炎症、出血があらわれた場合には、使用を中止し、適切な処置を行うこと。
  3. 一つの爪に複数個装着すると、痛みや過矯正などの有害事象があらわれるおそれがあるため注意すること。
2.その他の注意

本品で靴下やストッキングなどが破れることがあるので、注意すること。

ページ
先頭へ
close

巻き爪マイスター<sup>®</sup>