がん性皮膚潰瘍

監修昭和大学医学部乳腺外科 教授 中村清吾先生

発生頻度

POINT

  • がん性皮膚創傷は転移性がんの5~10%で発生する
  • 乳がんにおける発生率が高い

がん性皮膚創傷は転移性がんの5~10%で発生すると報告されています1)

乳がんにおける発生率が高く、男性では肺がんの皮膚転移による頻度が高いと報告されています2)

頭頸部がん、肺がん、食道がん、腎がん、卵巣がん、大腸がん、膀胱がん、性器がん、悪性黒色腫(メラノーマ)などでも発生し、発生部位としては、乳房や頭頸部が多いと報告されています1)

がん性皮膚創傷の発生部位とその頻度

乳房 39~62%
頭頸部 24~33.8%
体幹 1~3%
大腿部 腋窩 3~7.4%
会陰部 3~5.1%
その他 3.7~8%

(文献1より作表)

  • 1) McDonald A et al.: J Palliat Med, 9(2), 285-295, 2006
  • 2) Alexander S: J Wound Care, 18(7), 273-280, 2009
「がん性皮膚潰瘍ケア」LINE公式アカウントを開設しました
ページトップへ