アメナリーフ

特徴


アメナリーフ錠は、新規作用機序の抗ヘルペスウイルス薬です。

有効成分であるアメナメビルの標的は、ヘルペスウイルス増殖の初期段階に働くヘリカーゼ・プライマーゼ複合体です。アメナメビルはヘリカーゼ・プライマーゼ活性を直接阻害することで、二本鎖DNAの開裂及びRNAプライマーの合成を抑制し、ヘルペスウイルスの増殖を初期段階で阻害します。これは既存の抗ヘルペスウイルス薬とは異なる新規作用機序です。

ヘリカーゼ・プライマーゼ阻害薬 アメナリーフ錠200mgの作用機序

※動画の再生時に音声が流れます。

動画監修:富山大学大学院医学薬学研究部ウイルス学 教授 白木公康 先生

  • Chono, K., et al.:J Antimicrob Chemother, 65(8), 1733(2010)
  • Crumpacker, CS., et al.:Nat Med, 8(4), 327(2002)

アメナリーフ錠は、1日1回の投与で帯状疱疹に効果を示します。

アメナリーフ錠は、1錠にアメナメビルを200mg含有するフィルムコーティング錠であり、1日1回2錠(400mg)を食後に投与することで帯状疱疹に効果を示します。

  • 帯状疱疹患者を対象とした第Ⅲ相臨床試験(M522101-J01試験)(承認時評価資料)

第Ⅲ相臨床試験の結果を見る

アメナリーフ錠は、クレアチニンクリアランスに応じた投与量設定の必要がありません。

アメナメビルは主に糞中に排泄され1)、腎機能による薬物動態への影響が小さく、クレアチニンクリアランスに応じた投与量設定の必要性がありません。

腎機能障害者への単回投与時(空腹時)における血漿中濃度推移(外国人データ)2)

腎機能障害者への単回投与時(空腹時)における血漿中濃度推移(外国人データ)

投与方法

軽度腎機能障害者8例、中等度腎機能障害者8例、高度腎機能障害者8例及び腎機能正常者9例にアメナメビル400mgを空腹時に単回経口投与した。腎機能障害の程度はCockcroft-Gault式で推算したクレアチニンクリアランス(CLCr)により分類し、80mL/min超を正常、50mL/min以上80mL/min以下を軽度、30mL/min以上50mL/min未満を中等度、30mL/min未満を高度と定義した。

  • 社内資料:ヒトマスバランス試験(15L-CL-007試験)

  • 社内資料:腎機能障害患者を対象とした薬物動態試験(15L-CL-014試験)

【用法・用量】

  • 通常、成人にはアメナメビルとして1回400mgを1日1回食後に経口投与する。

【使用上の注意】

  • 重要な基本的注意

    • 本剤は、原則として7日間使用すること。改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、速やかに他の治療に切り替えること。


ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ