エピデュオ®ゲルを使用される方へ

ニキビについて

ペン

ニキビの主な原因

  • 1男性ホルモンなどの影響により皮脂分泌が活発になること
  • 2古い角質がつまるなどして毛穴がふさがること
  • 3毛穴の中でニキビの原因菌(アクネ菌など)が増殖すること

ニキビの症状

ニキビあとを残さないために、ニキビを早めにきちんと治療することが重要です。

1 正常な肌 正常な肌正常な肌 皮脂腺では皮脂がつくられています。皮脂は毛穴を通って分泌され、肌の表⾯をおおい、肌を健康な状態に保ちます。アクネ菌も常在菌として存在します。
2 炎症のないニキビ 炎症のないニキビ炎症のないニキビ 毛穴がつまり、皮脂が排出されていない状態です。白色や黒色に見えます。ニキビの原因となるアクネ菌は皮脂を好み酸素を嫌うため、増えるのに好都合な環境となります。
3 炎症を生じたニキビ 炎症を生じたニキビ炎症を生じたニキビ 毛穴の中で増えたアクネ菌が炎症をおこす物質をよびよせ、炎症がおこります。
4 炎症を生じたニキビ炎症を生じたニキビ ニキビの内容物が周囲に広がり、悪化します。
5 ニキビ痕 ニキビ痕ニキビ痕 炎症が周囲の組織に広がると、皮膚ひふにニキビ痕が残ることがあります。

写真提供:⾕岡皮フ科クリニック 院長 谷岡未樹先生

エピデュオ®ゲルのはたらき

エピデュオ®ゲルは過酸化かさんかベンゾイルとアダパレンという2つの有効成分を含有するお薬です。

過酸化ベンゾイル

過酸化ベンゾイルは毛穴のつまりを改善します。また、ニキビの原因菌であるアクネ菌などの増殖を抑えます。

アダパレン

アダパレンはニキビの原因となる毛穴がつまるのを防ぎ、面ぽうができるのを抑制します。

エピデュオ®ゲルの使用方法

  • 1日1回(⼣方から就寝前)、洗顔後に適量を塗布します。
  • 1日に2回塗布したり、指⽰された以上の量を塗布したりしないでください。

POINT

塗布前にノンコメドジェニック(注1)の保湿剤をつけるとよいでしょう。

(注1)ニキビができにくいことを確認している化粧品等

保湿剤

STEP 1 STEP 2 STEP 3

1. 塗る量について

本剤を少量、チューブから指先にとり、他の指を使って、こすらずに薄く塗り拡げます(図1)。眼、口唇、小鼻、粘膜、傷口、湿疹を避けて塗布します。 眼に入った場合は、直ちに水で洗い流してください。

本剤を少量、チューブから指先にとり、他の指を使って、こすらずに薄く塗り拡げます。

2. 塗る面積について

塗る面積は徐々に拡げていきます。初日はニキビを中心に直径2cm以下の面積にとどめ、1日ごとに直径1cmずつ塗る面積を拡げていきます(図2)。ニキビが顔全体にある方は、数日かけて顔全体に拡げていきます。ニキビが離れて存在する場合は、ニキビのあるそれぞれの箇所で同時に塗り始めてもよいです。

初日はニキビを中心に直径2cm以下の 面積にとどめ、1日ごとに直径1cmずつ塗る面積を拡げていきます。

3. 使用後は手を洗いましょう

 

使用後は手を洗いましょう。

H.H.Kwon et al.:Journal of Dermatology;42:1058-1065(2015)

顔全体に塗る場合

塗る量の目安

⼈差し指の先端から1つ目の関節までの長さ(約0.5g)です。

塗り方

指にとった本剤を他の指を使って、左額、右額、左ほほ、右ほほ、鼻(小鼻を除く)、あごの6箇所におき、こすらずに薄く塗り拡げます。

ぬり薬を上手に使うコツ エピデュオ®ゲルの使い方

総監修: 虎の門病院 皮膚科部長 林 伸和 先生
監 修: にしむら皮フ科クリニック 院長 西村 陽一 先生、看護師長 西村 美和 先生
野村皮膚科医院 院長 野村 有子 先生、看護師 須藤 千恵 先生
ほう皮フ科クリニック 院長 許 郁江 先生
村上皮フ科クリニック 院長 村上 早織 先生
※施設名50音順

<使用中の注意点>

  • 海や山での日焼けや日焼けランプなど過度な紫外線は避けましょう。
  • 漂白作用があるので、髪や衣類などにできるだけ付着しないよう注意してください。

<お薬の保管方法>

  • 直射日光、湿気を避けて室温(1~30℃)で保管してください。

エピデュオ®ゲルによる治療経過

ニキビの数と皮膚刺激の推移(イメージ)

ニキビの数と皮膚刺激の推移(イメージ)

治療開始時開始~2週間 効果を確認していく時期2週間~3ヵ月 良くなっている状態を維持する時期3ヵ月~1年
使い始めてから2週間以内に乾燥、ヒリヒリ感、赤みなどがあらわれることがあります。通常は使い続けるうちに症状は改善していきますが、気になるときや塗ったところが真っ赤になったり、腫れたりしたときは使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。 ニキビが少しずつ減ってきます。治療開始時に撮っていた写真と比べてみると、効果を実感できます。 ニキビは様々な要因で繰り返してできます。ニキビがある程度おさまっている状態を維持するために医師の指示に従って治療を継続しましょう。

ニキビは繰り返しできることも多いため、 面ぽう(毛穴のつまり)の治療を継続しましょう。

治療開始3ヵ月以内に症状の改善が認められない場合には使用を中止してください。

エピデュオ®ゲルの副作用

本剤の使用中、皮膚に次のような症状があらわれることがあります。

これらの症状は使い始めてから2週間以内にあらわれることが多く、通常、症状は軽く、一過性ですが、気になるときは医師または薬剤師に相談してください。

  • 乾燥
  • 皮膚刺激感(ヒリヒリ感など)
  • 落屑(皮膚が細かくはがれる)
  • 紅斑(皮膚が赤くなる)
  • そう痒感(かゆみ)

attention

発疹や発熱など全身性の過敏反応が生じたときや、塗ったところやその周囲まで皮膚が真っ赤になる、腫れるなどの症状が強くみられるときはエピデュオ®ゲルの使用をやめて、できるだけ早く受診してください。症状の程度によっては、使用中止や休薬、症状に対する治療などの処置を行うことがあります。

次のような方は使用しないでください

  • 本剤の成分によるアレルギーを生じたことがある方
  • 妊娠している方、または妊娠している可能性のある方
  • 本剤による治療中に妊娠を希望される方

妊娠中の方へ

妊娠中の方へ

このお薬を使用中に妊娠した場合、または妊娠かなと思われた場合は使用をすぐにやめて、医師に相談してください。
ニキビ治療に使う量よりたくさんの量を妊娠中の実験動物に飲ませた場合、骨や臓器に異常がある⼦どもが認められたため、妊娠している方、妊娠している可能性のある方は使用しないでください。

授乳中の方へ

授乳中の方へ

授乳中は使用しないことが望ましいですが、やむを得ず使用する場合には授乳をしないようにしてください。

<参考>

同じ系統のお薬(内服薬)を、オスの実験動物にたくさん飲ませた場合、精巣に影響があったという報告があります。ただし、このお薬では精巣に対する影響は認められていません。

ページトップへ