乾燥肌・皮脂欠乏症(乾皮症)

監修:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

皮脂欠乏症(乾皮症)のおはなし

日常生活で心がけること

ふだんの心がけが大切です

1. お薬を正しく使いましょう

皮膚にうるおいを与えるぬり薬、また、かゆみや湿疹を抑えるぬり薬や飲み薬などがあります。
お薬は先生の指示をよく守り、正しく使いましょう。

2. ゴシゴシ洗わない

皮脂をとりすぎないことが大切です。お風呂に長く入りすぎたり、ナイロンタオルなどを使ってゴシゴシ洗いすぎないようにしましょう。

お薬を正しく使いましょう イラスト
ゴシゴシ洗わない イラスト

3. 皮膚のうるおいを保ちましょう

皮膚にうるおいを与えるぬり薬を朝晩2回ぬりましょう。特にお風呂上がりが効果的です。

4. お部屋の乾燥に注意

空気が乾燥すると、皮膚の乾燥やかゆみもひどくなります。加湿器などを使ってお部屋の湿度を保ちましょう。

皮膚のうるおいを保ちましょう イラスト
お部屋の乾燥に注意 イラスト

5. 掻(か)かないことが大切

掻くと症状がひどくなるので、できるだけ掻かないように努めましょう。また、爪は短く切りましょう。

6. 刺激の少ない肌着に

皮膚を刺激すると、かゆみがひどくなります。肌着類などは、なるべく肌にやさしい木綿(もめん)のものにしましょう。

掻(か)かないことが大切 イラスト
刺激の少ない肌着に イラスト

7. アルコールは控えめに

アルコールや香辛料などの刺激物をとりすぎると、からだが温まり、かゆみがひどくなります。
控えめにしましょう。

アルコールは控えめに イラスト
ページトップへ