病型に応じた対策

通常疥癬

通常疥癬の感染予防対策

隔離

個室に隔離する必要はありません。

塗り残しが無いように注意し、手や足の指趾の間、爪のまわり、耳介の後ろ、しわの間、外陰部などにもしっかり塗りましょう。
症状の無い部位にも塗ることが大切です。

身体介護

予防着や手袋の着用は必要ありません。

感染が心配な場合や、長時間患者さんに接するような介護をする場合は着用した方がよいでしょう。

手洗いはすべての感染症予防の基本です。

患者さんへの対応の前後は、露出している腕などを含めて、きちんと手を洗いましょう。

リネン類の管理

シーツや寝具・衣類の交換や洗濯は通常の方法で行いましょう。

患者さんが使った後のリネン類は、長時間直接触らないようにしましょう。

居室・環境整備

掃除は通常の方法で行いましょう。

殺虫剤の使用は必要ありません。

入浴

疥癬の患者さんと、疥癬でない患者さんや職員の方などが、長時間肌と肌が接触することは避けましょう。

塗り残しが無いように注意し、手や足の指の間、爪のまわり、耳介の後ろ、しわの間、外陰部などにもしっかり塗りましょう。
症状の無い部位にも塗ることが大切です。

ページトップへ