ヒルドイドフォーム0.3%のご紹介

患者アンケート結果

患者アンケート結果(一部抜粋)[参考情報]

皮脂欠乏症患者を対象とした一般臨床試験(非対照非盲検多施設共同)1)

1) 川島眞ほか:皮膚の科学, 16(5), 356, 2017 より一部改変
[利益相反]本試験に関する費用負担はマルホ株式会社が行った。著者のうち2名はマルホ株式会社の社員である。

対象

60例全例

調査時期

治療開始2週後(ヒルドイド®ソフト軟膏0.3%(以下、ソフト軟膏)に対する設問)
治療開始4週後(ヒルドイド®フォーム0.3%(以下、フォーム)に対する設問)

調査方法

設問①~⑦に関しては、治験薬の塗りやすさ、使用感、治療満足度等について「そう思う」、「少しそう思う」、「どちらとも言えない」、「あまりそうは思わない」、「そうは思わない」で回答する。設問⑧、⑨に関しては、季節と部位について回答する。

①伸びがよかった

①伸びがよかった

②短時間で塗り広げることができた

②短時間で塗り広げることができた

③擦り込まなくても塗ることができた

③擦り込まなくても塗ることができた

④塗った箇所のべたつきは気にならなかった

④塗った箇所のべたつきは気にならなかった

⑤今後も治療薬剤を使いたい

⑤今後も治療薬剤を使いたい

⑥今後も1日2~3回の用法を守れる

⑥今後も1日2~3回の用法を守れる※

⑦垂れにくかった

⑦垂れにくかった

⑧使いたい季節は?(複数回答可)

⑧使いたい季節は?(複数回答可)※

⑨使いたい部位は?(複数回答可)

⑨使いたい部位は?(複数回答可)※

※ 今後も治療薬剤を使いたい、という設問に対して「そう思う」または、「少しそう思う」と回答した患者が対象。
  n数:ソフト軟膏40例、フォーム49例

ページトップへ
サイトマップ閉じる