メインコンテンツに移動

ヒルドイドフォーム0.3%の製剤特徴と使い方


    フォーム剤の形状

    記事/インライン画像
    吹き出し

    ヒルドイドフォーム0.3%は油分を含まないため、べたつきが少なく、さっぱりとした使用感のフォーム剤です。

    記事/インライン画像
    ヒルドイドフォーム

    1. 噴出した後ふくらみ、泡の形状が維持されます。

    記事/インライン画像
    フォーム剤の形状_1

    2. ガスの圧力で噴出されるため、きめが細かく、垂れにくい泡です。

    記事/インライン画像
    フォーム剤の形状_2

    3. 塗り伸ばす際、すみやかに泡が消え液状になり、さっぱりとした使用感が得られます。

    記事/インライン画像
    フォーム剤の形状_3

    使い方

    ① ボタンを押して噴出します。

    記事/インライン画像
    ボタンを押して噴出します。
    • よく振ってから使用してください。
      (よく振らずに使用すると、最後に冷たいガスが残る場合があります。)
    • 冷たいガスだけが噴出した場合は、使用しないでください。
    • 横向きや逆さまで使用しないでください。
    フォーム剤の塗布量の目安
    記事/インライン画像
    フォーム剤の塗布量の目安
    1. FTU:口径5mmのチューブの場合、成人の人差し指の先端から遠位指節間関節の長さまで出した量を1FTU(フィンガーティップユニット)と言い、約0.5gに相当する1,2)
    2. 製品のキャップ大:ヒルドイドフォーム0.3%の場合、製品のキャップ大の大きさに噴出した量が約1gに相当する3)

    ② 手のひらを使ってやさしく丁寧に塗ります。

    記事/インライン画像
    手のひらを使ってやさしく丁寧に塗ります。

    やさしく塗り広げてください。

    約1gで成人の手のひら約4枚分の面積に塗れます。
    記事/インライン画像
    約1gで成人の手のひら約4枚分の面積に塗れます。
    1. Long CC, et al: Clin Exp Dermatol, 16(6), 444, 1991(G2200108)
    2. 中村光裕ら: 皮膚の科学, 5(4), 311, 2006(J222020)
    3. 「ヒルドイドフォーム0.3%の噴出量(FTU量)の検討について」
      マルホ株式会社 CMC研究部 工業化研究グループ 社内資料, 1, 2018(G2201860)

    取扱い上の注意

    高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため、下記の注意を守ってください。

    1. 炎や火気の近くで使用しないこと。
    2. 火気を使用している室内で大量に使用しないこと。
    3. 高温にすると破裂の危険性があるため、直射日光の当たる所や火気等の近くなど温度が40℃以上となる所に置かないこと。
    4. 火の中に入れないこと。
    5. 使い切って捨てること。

    高圧ガス:LPG

    廃棄方法

    中身を使い切ったうえで、必ず火気のない通気性の良い戸外で、容器内に残っているガスを出し切ってから廃棄してください。ガス抜き後、お住まいの市町村等で決められた方法により廃棄してください。ガス抜きの際は、身体に向けて噴出しないでください。スプレーボタンとその土台部分(プラスチック)は、はずして分別できます。容器の金属はアルミです。

    ヒルドイドの使い方(使用量の目安)

    お問い合わせ

    お問い合わせの内容ごとに
    専用の窓口を設けております。

    各種お問い合わせ

    Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

    医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

    ページトップへ