皮脂欠乏症の主な原因:EGFR阻害薬

監修:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

EGFR阻害薬の皮膚障害

近年、がん治療には様々な分子標的治療薬が使用されていますが、それとともに皮膚障害が生じる報告があります。出現頻度の高い皮膚障害には、ざ瘡様皮疹、脂漏性皮膚炎、乾燥皮膚、そう痒症、爪囲炎があります()。分子標的治療薬に起因する皮膚障害は、薬剤の効果と皮膚障害の程度との間に正の相関を示す特徴を有し、薬剤の副反応としてではなく、薬剤の主反応の結果として発現することが推測されています。しかし、重度な皮膚障害が発現した場合には、分子標的治療薬の中断・中止を考慮しなければいけない現状があり、分子標的治療薬に起因する皮膚障害に関して、治療の継続を念頭においた皮膚症状のコントロールが求められ、チーム医療として対応していくことが重要と考えられます。

川島 眞 ら:臨床医薬, 30(11), 975-981, 2014

図:EGFR阻害薬による皮膚障害発現時期

図:EGFR阻害薬による皮膚障害発現時期

中原 剛士:西日皮膚, 77(3), 203-209, 2015 より引用

乾燥が起きる機序

上皮成長因子受容体(EGFR)は正常皮膚において表皮基底層、外毛根鞘、エクリン汗腺、脂腺などに発現しており、皮膚の増殖や分化に非常に重要な役割を果たしています。そのため、その作用が障害されると高率に皮膚障害を生じると考えられます。乾燥の原因としてはEGFR阻害薬が皮膚に直接作用することで、表皮の早期分化を誘導し、角層の形成不全や皮膚バリア機能の低下を引き起こすことによると考えられています。

中原 剛士:西日皮膚, 77(3), 203-209, 2015

ページトップへ
サイトマップ閉じる