メインコンテンツに移動

アトピー性皮膚炎のガイドライン情報


国内のガイドライン

日本皮膚科学会 日本アレルギー学会(アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018冊子)

PDFを開く

  • 日本皮膚科学会 日本アレルギー学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018」1)には、『現時点において、アトピー性皮膚炎の炎症を十分に鎮静するための薬剤で、有効性と安全性が多くの臨床研究で検討されている薬剤は、ステロイド外用薬とタクロリムス軟膏(topical calcineurin inhibitor;カルシニューリン阻害外用薬)である。』と記載されており、ステロイド外用薬とタクロリムス軟膏をいかに選択し組み合わせるかを治療の基本としている。
  • 本ガイドラインでは、2歳以上のアトピー性皮膚炎患者の症状改善を目的としてタクロリムス軟膏は勧められる。〔推奨度:1 エビデンスレベル:A〕と記載されている。
  1. 公益社団法人日本皮膚科学会 一般社団法人日本アレルギー学会 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会:日皮会誌 128(12), 2431 , 2018

お問い合わせ

お問い合わせの内容ごとに
専用の窓口を設けております。

各種お問い合わせ

Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

ページトップへ