皮膚科学に特化した製薬企業マルホ脇汗治療の総合情報サイト
MENU

脇汗の相談をしてみたい方へ

脇汗受診シミュレーション

皮膚科で脇汗の悩みを相談したいけど
「汗くらいで相談してもいいの?」
「脇を見られるのは少し恥ずかしい」
と迷っている方へ、受診の流れを紹介します。

監修医師:池袋西口ふくろう皮膚科クリニック 院長 藤本智子先生
PROCESS

脇汗の診療の流れ

STEP 01

脇汗の悩みを相談できる&
通いやすい皮膚科を探す

脇の多汗症は、皮膚科で相談できます。

STEP 02

問診

通常は、脇汗の程度や、日常生活にどのくらい
支障があるのかを聞かれます。
問診のみで診断されることが多いです。

※症状が重い場合などでは、発汗量の測定などの検査を
行う場合があります。

問診が恥ずかしい場合は、
セルフチェックの
結果を保存して
持っていきましょう。

STEP 03

治療方法の決定

診察で、脇の多汗症の診断と重症度の判定が
され、治療法が検討されます。
治療法には塗り薬や注射薬、飲み薬などが
あります。

薬・治療の説明、
生活上のアドバイス

塗り薬など、処方される薬があるときは、
その使い方などの説明をうけます。
また、市販の制汗剤との使い分けなどについて
アドバイスを受けることもあります。

お薬の中には、毎日使い続けることで
効果を発揮するものもあるので、
しっかり説明をききましょう!

ONLINE

オンライン診療を利用したい方へ

オンライン診療とは、スマートフォンやタブレットなど
でインターネット上で
診察してもらう方法です。
病院によって、症状や状態などオンライン診療を
受けられる条件があるので、
事前に主治医に
相談しましょう。

脇の多汗症治療で
オンライン診療が可能な事例

  • 症状が安定している方の再診
  • 塗り薬や飲み薬での治療となった方
皮膚科の先生に聞く

脇汗・多汗症 Q&A

脇汗の治療には保険がききますか?

はい、塗り薬(抗コリン外用薬)や注射剤など、保険適用となる治療法があります。

主な脇汗治療薬・治療法

脇の多汗症治療のために病院で処方される塗り薬と、市販の制汗剤は何が違うの?

病院で処方される塗り薬は、発汗を抑えることを目的とした「医薬品」です。
制汗剤は、発汗を防ぐこと(作用はゆるやか)を目的とした「医薬部外品」または、清潔にすることを目的とした「化粧品」です。