ホーム

プロトピック

マルホのアトピー性皮膚炎治療剤「プロトピック軟膏」
  • プロトピック製品情報
  • 医師向けツール
  • ガイドライン情報
  • 患者さん向けツール
  • 診療お役立ち動画
  • 頭皮用キャップのご紹介
  • 学会セミナー講演会情報
  • よくあるご質問
  • リンク集

学会セミナー・講演会情報

日本アレルギー学会 第5回総合アレルギー講習会 イブニングシンポジウム1

開催日: 平成30年12月15日(土)17:10~18:40
開催場所: 第1会場 大阪国際会議場 5F「大ホール」(〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51)
タイトル: アトピー性皮膚炎の基礎と臨床
座長: 出原 賢治 先生(佐賀大学医学部分子生命科学講座 分子医化学分野 教授)
加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 教授)
講演1: 皮膚バリア機能からみたアトピー性皮膚炎の病態と治療
講師:久保 亮治 先生(慶應義塾大学医学部 皮膚科学教室 准教授)
講演2: アトピー性皮膚炎における抗炎症外用療法-炎症を制御する意義とタクロリムス軟膏の効果的な使い方-
講師:中原 剛士 先生(九州大学大学院医学研究院 皮膚科 体表感知学講座 准教授)
講演3: 小児アトピー性皮膚炎における外用アドヒアランス向上の工夫
講師:長尾 みづほ 先生(国立病院機構三重病院小児科/臨床研究部アレルギー疾患治療開発研究室長)

アトピー性皮膚炎の基礎と臨床

第82回 日本皮膚科学会東京支部学術大会 アフタヌーンセミナー5

開催日: 平成30年12月1日(土)15:10~16:10
開催場所: 第5会場 ザ・プリンスパークタワー東京 B2F ボールルームF(〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1)
タイトル: これからのアトピー性皮膚炎の外用療法の位置付け
講演1: アトピー性皮膚炎における積極的保湿スキンケア
座長:江藤 隆史 先生(東京逓信病院 副院長兼皮膚科部長)
演者:常深 祐一郎 先生(東京女子医科大学 皮膚科学教室 准教授)
講演2: アトピー性皮膚炎に対するプロトピック軟膏による外用療法
座長:中川 秀己 先生(東京慈恵会医科大学 名誉教授)
演者:佐伯 秀久 先生(日本医科大学大学院 皮膚粘膜病態学 教授)

これからのアトピー性皮膚炎の外用療法の位置付け

第55回 日本小児アレルギー学会学術大会 教育セミナー8

開催日: 平成30年10月21日(日)12:10~13:00
開催場所: 第1会場 岡山コンベンションセンター 3階 コンベンションホール(〒700-0024 岡山県岡山市北区駅元町14番1号)
タイトル: 新たな視点から考える アトピー性皮膚炎治療
座長: 宇理須 厚雄 先生(うりすクリニック名誉院長・尾張東部アレルギー研究所 所長)
講演1: 2型自然リンパ球のIL-4産生機構
茂呂 和世 先生(国立研究開発法人 理化学研究所 生命医科学研究センター 自然免疫システム研究チーム チームリーダー)
講演2: アトピー性皮膚炎治療におけるかゆみを意識した外用療法
中原 剛士 先生(九州大学大学院医学研究院 皮膚科・体表感知学講座 准教授)

新たな視点から考える アトピー性皮膚炎治療

第35回 日本小児臨床アレルギー学会 教育セミナー4

開催日: 平成30年7月29日(日) 12:00~12:50
開催場所: 福岡国際会議場 2F 203+204[第1会場](〒812-0032 福岡市博多区石城町2-1)
タイトル: ガイドラインを紐解く小児アトピー性皮膚炎治療の実践~寛解導入期と寛解維持期の治療のコツと落とし穴~
座長: 藤澤 隆夫 先生(国立病院機構 三重病院 院長)
演者: 田中 暁生 先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 皮膚科学 准教授)

ガイドラインを紐解く小児アトピー性皮膚炎治療の実践~寛解導入期と寛解維持期の治療のコツと落とし穴~

日本アレルギー学会 第4回総合アレルギー講習会 イブニングシンポジウム1

開催日: 平成29年12月16日(土) 17:10~18:40
開催場所: 第1会場 パシフィコ横浜 会議センター 1F「メインホール」(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
タイトル: アトピー性皮膚炎の基礎と臨床
座長: 出原 賢治 先生(佐賀大学医学部分子生命科学講座分子医化学分野 教授)
加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 教授)
演者:1 アトピー性皮膚炎の病態に関する最新知識
松本 健治 先生(国立成育医療研究センター研究所 免疫アレルギー・感染研究部 部長)
演者:2 アトピー性皮膚炎の外用療法
加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院 医学研究科 皮膚科学 教授)
演者:3 小児アトピー性皮膚炎のエビデンス
二村 昌樹 先生(国立病院機構 名古屋医療センター 小児科 医長)

第54回 日本小児アレルギー学会学術大会 教育セミナー7

開催日: 平成29年11月19日(日) 11:50~12:40
開催場所: ホテル東日本宇都宮 第1会場《3F 大和(西・南)》(栃木県宇都宮市上大曽町492-1)
タイトル: アトピー性皮膚炎の新しい展開
座長: 末廣 豊 先生(大阪府済生会中津病院 小児科、免疫・アレルギーセンター)
演者:1 アトピー性皮膚炎の最新疫学と予防
下条 直樹 先生(千葉大学大学院医学研究院 小児病態学 教授)
演者:2 小児アトピー性皮膚炎治療で外用薬を使いこなすこつ
高橋 英俊 先生(高木皮膚科診療所 院長)

第34回 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会 教育セミナー4

開催日: 平成29年7月23日(日) 12:10~13:00
開催場所: ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター 3階 大会議室[第2会場](滋賀県大津市におの浜1-1-20)
タイトル: アトピー性皮膚炎の治療(診療ガイドラインを中心に)
座長: 大矢 幸弘 先生(国立成育医療研究センター 生体防御系内科部アレルギー科 医長)
演者: 加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院 医学研究科皮膚科学 教授)

第33回 日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 イブニングセミナー1

開催日: 平成29年4月22日(土) 17:40~18:40
開催場所: ANAクラウンプラザホテル神戸 9階 ローズマリー[第3会場](神戸市中央区北野町1丁目)
タイトル: 患者視線で見たアトピー性皮膚炎の治療戦略
座長: 秀 道広 先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究院 皮膚科学 教授)
演者: 江藤 隆史 先生(東京逓信病院 副院長兼皮膚科部長)

第33回 日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 ランチョンセミナー8

開催日: 平成29年4月23日(日)12:30-13:30
開催場所: ANAクラウンプラザホテル神戸10階 The Ballroom(1)[第1会場](神戸市中央区北野町1丁目)
タイトル: 古くて新しいアトピー性皮膚炎治療薬のエビデンスと使い方
座長: 栗原 誠一 先生(医療法人社団 湘南皮膚科 院長)
講演1: 意外と多いプロトピック軟膏のエビデンスをひも解く
多田 弥生 先生(帝京大学医学部皮膚科 准教授)
講演2: 意外と上手くいくプロトピック軟膏の使い方のコツ
増田 智栄子 先生(医療法人いずみ会 いずみ野皮ふ科 院長)

第80回 日本皮膚科学会東京支部学術大会 スポンサードシンポジウム

開催日: 平成29年2月11日(土) 16:20~18:20
開催場所: パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
タイトル: アトピー性皮膚炎-病態研究と診療の最前線-
座長: 佐伯 秀久 先生(日本医科大学大学院 皮膚粘膜病態学 教授)
加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 教授)
講演1: アトピー性皮膚炎の免疫学的病態
本田 哲也 先生(京都大学大学院医学研究科 皮膚科学 講師)
講演2: アトピー性皮膚炎と皮膚バリア
川崎 洋 先生(国立研究開発法人理化学研究所 科学技術ハブ推進本部
医科学イノベーションハブ推進プログラム疾患機序研究グループ 上級研究員)
講演3: アトピー性皮膚炎の心身医学的アプローチ
大矢 幸弘 先生(国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 アレルギー科 医長)
講演4: 「難治性」皮疹の評価とマネージメント
出来尾 格 先生(東京女子医科大学東医療センター 皮膚科 講師)

日本アレルギー学会第3回総合アレルギー講習会 イブニングシンポジウム5

開催日: 平成28年12月17日(土) 17:10~18:40
開催場所: パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
タイトル: アトピー性皮膚炎集中講座-基礎から臨床、応用まで-
座長: 出原 賢治 先生(佐賀大学医学部 分子生命科学講座分子医化学分野 教授)
朝比奈 昭彦 先生(東京慈恵会医科大学皮膚科学講座 準教授)
講演1: アトピー性皮膚炎の発症と免疫細胞
松本 健治 先生(国立成育医療研究センター研究所 免疫アレルギー・感染研究部 部長)
講演2: アトピー性皮膚炎の外用療法
朝比奈 昭彦 先生(東京慈恵会医科大学皮膚科学講座 準教授)
講演3: 小児アトピー性皮膚炎治療のエビデンス
二村 昌樹 先生(国立病院機構名古屋医療センター 小児科 医長)

第53回日本小児アレルギー学会 教育セミナー7

開催日: 平成28年10月9日(日) 11:40~12:30
開催場所: ベイシア文化ホール 第1会場(群馬県前橋市日吉町1-10-1)
タイトル: 小児にどう使う?プロトピック®軟膏の使い方と指導方法
座長: 大矢 幸弘 先生(国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 アレルギー科 医長)
講演1:

皮膚科勤務医の視点
馬場 直子 先生(神奈川県立こども医療センター 皮膚科 部長)

皮膚科勤務医の視点(馬場 直子先生ご講演) 動画を見る
講演2:

小児科クリニックの視点
川田 康介 先生(かわだ小児科アレルギークリニック 院長)

小児科クリニックの視点(川田 康介先生ご講演) 動画を見る

第32回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会  モーニングセミナー1

開催日: 平成28年4月24日(日) 8:00~9:00
開催場所: 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市北区駅元町14番1号)
タイトル: プロトピック軟膏を使ったワンランク上の治療方法
座長: 田中 勝 先生(東京女子医科大学東医療センター 皮膚科 教授)
栗原 誠一 先生(湘南皮膚科 院長)
講演1:

アトピー性皮膚炎におけるプロトピック軟膏の上手な使い方
海老原 全 先生(慶應義塾大学医学部 皮膚科学教室 准教授)

チャプター1: アトピー性皮膚炎の病態と治療
チャプター2: プロトピック軟膏の上手な使い方

チャプター1 治療ゴールを見据えたプロトピック軟膏の上手な使い方(海老原 全之先生ご講演) 動画を見る
チャプター2 治療ゴールを見据えたプロトピック軟膏の上手な使い方(海老原 全之先生ご講演) 動画を見る
講演2:

面倒なプロトピック軟膏を使いたくなる患者指導
野村 有子 先生(野村皮膚科医院 院長)

面倒なプロトピック軟膏を使いたくなる患者指導(野村 有子之先生ご講演) 動画を見る

日本アレルギー学会第2回総合アレルギー講習会  イブニングシンポジウム5

開催日: 平成27年12月12日(土) 17:10~18:40
開催場所: パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
タイトル: アトピー性皮膚炎最新事情
座長: 出原 賢治 先生(佐賀大学医学部 分子生命科学講座分子医化学分野 教授)
加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 教授)
講演1: アトピー性皮膚炎の発症と免疫細胞
松本 健治 先生(国立成育医療研究センター研究所 免疫アレルギー・感染研究部 部長)
講演2: アトピー性皮膚炎の外用療法
加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 教授)
講演3: 小児アトピー性皮膚炎治療のエビデンス
二村 昌樹 先生(国立病院機構名古屋医療センター 小児科 医長)

第52回日本小児アレルギー学会 教育セミナー7

開催日: 平成27年11月22日(日) 12:10~13:00
開催場所: なら100年会館(奈良県奈良市三条宮前町7-1)
タイトル: ガイドラインの比較から見えて来るアトピー性皮膚炎の診療の考え方
座長: 河野 陽一 先生(労働者健康福祉機構 千葉ろうさい病院 院長)
演者:

大嶋 勇成 先生(福井大学医学部 病態制御医学講座 小児科学 教授)

ガイドラインの比較から見えて来るアトピー性皮膚炎の診療の考え方 大嶋 勇成 先生(福井大学医学部 病態制御医学講座 小児科学 教授) 動画を見る

第66回日本皮膚科学会中部支部 学術大会 ランチョンセミナー5

開催日: 平成27年11月1日(日) 12:20~13:20
開催場所: 神戸国際会議場(神戸市中央区港島中町6-9-1)
タイトル: アトピー性皮膚炎ガイドラインにおけるプロトピック軟膏の位置づけと使用実践
座長: 加藤 則人 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 教授)
講演1:

アトピー性皮膚炎の自然経過と難治化の要因:タクロリムス軟膏の使命
室田 浩之 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 皮膚病態学分野 教授)

アトピー性皮膚炎の自然経過と難治化の要因:タクロリムス軟膏の使命(室田 浩之先生ご講演) 動画を見る
講演2:

プロトピック軟膏の刺激的なはなし-アトピー性眼瞼炎と患者説明-
大槻 マミ太郎 先生 (自治医科大学 皮膚科学 教授)

プロトピック軟膏の刺激的なはなし-アトピー性眼瞼炎と患者説明-(大槻 マミ太郎先生ご講演) 動画を見る
ページトップへ