プロトピック

マルホのアトピー性皮膚炎治療剤「プロトピック軟膏」
  • プロトピック製品情報
  • 医師向けツール
  • ガイドライン情報
  • 患者さん向けツール
  • 診療お役立ち動画
  • 頭皮用キャップのご紹介
  • 学会セミナー講演会情報
  • よくあるご質問
  • リンク集

プロトピック製品情報

「プロトピック軟膏0.1%」「プロトピック軟膏0.03%小児用」の製品情報をご紹介いたします。

  • 開発の経緯
  • 組成
  • 作用機序動画
  • 特徴
  • 効能・効果
  • 用法・用量
  • 添付文書
  • 最新文献情報

開発の経緯

プロトピック軟膏の有効成分であるタクロリムスは筑波山麓の土壌から発見されました。まず移植領域の免疫抑制薬として開発された後、アトピー性皮膚炎治療のための外用薬としてプロトピック軟膏が開発されました。1999年に0.1%、2003年に0.03%小児用が国内で発売された後、現在では全世界共通の処方で2014年11月時点で、世界75ヵ国以上で承認又は発売されております。

組成

プロトピック軟膏は右記の成分が含有された液滴分散型の軟膏剤です。

有効成分 タクロリムス水和物
溶解剤 炭酸プロピレン
基剤 サラシミツロウ、流動パラフィン、パラフィン、白色ワセリン

303

プロトピック軟膏の有効成分であるタクロリムスは油脂性基剤に溶解しにくいため、製剤化には液滴分散法が用いられています。液滴分散法とは、有効成分を溶解させた液滴を基剤中に均一に分散させる方法です。プロトピック軟膏では、炭酸プロピレンを溶解剤として用いています(図1)。液滴分散法を用いることによって、タクロリムスが液滴として高濃度に溶解・凝集されるため、皮膚移行性が高まります。

303

液滴分散型の製剤は練り混ぜると均一な液滴が破壊され、液滴同士が合一して大きくなり、基剤中での有効成分の含量均一性が低下します(図2)

特徴

プロトピック軟膏0.1%

  • ・ステロイド外用薬とは異なる作用機序で抗炎症作用を示す。
  • ・アトピー性皮膚炎の全身(顔面・頸部、躯幹・四肢)の諸症状(皮疹、そう痒感)に優れた臨床効果を示す1)、2)
  • ・本剤を長期間(2年間)使用した試験で、皮膚障害(皮膚萎縮、潮紅、毛細血管拡張等)は認められなかった。
  • ・本剤による治療を開始後、高頻度に一過性の皮膚刺激感(灼熱感、ほてり感、疼痛、そう痒感等)が認められる。通常、皮疹の改善とともに発現しなくなるが、ときに使用期間中持続することがある。
  • ・承認時までの臨床試験では、成人1,230例中819例(66.6%)に1,230件、臨床検査値異常を含む副作用が認められた。主な副作用は熱感545例(44.3%)、疼痛290例(23.6%)、そう痒感117例(9.5%)、毛嚢炎77例(6.3%)、ざ瘡48例(3.9%)、カポジ水痘様発疹症26例(2.1%)、単純疱疹19例(1.5%)であった。市販後の調査では、5,383例中1,637例(30.4%)に2,125件、臨床検査値異常を含む副作用が認められた。主な副作用は疼痛750例(13.9%)、熱感637例(11.8%)、そう痒感182例(3.4%)、ざ瘡118例(2.2%)、毛嚢炎71例(1.3%)、カポジ水痘様発疹症65例(1.2%)、単純疱疹62例(1.2%)であった。(再審査結果通知:2010年10月)

プロトピック軟膏0.03%小児用

  • ・ステロイド外用薬とは異なる作用機序で抗炎症作用を示す。
  • ・小児アトピー性皮膚炎の全身(顔面・頸部、躯幹・四肢)の諸症状(皮疹、そう痒感)に優れた臨床効果を示す3)
  • ・本剤による治療を開始後、高頻度に一過性の皮膚刺激感(灼熱感、ほてり感、疼痛、そう痒感等)が認められる。通常、皮疹の改善とともに発現しなくなるが、ときに使用期間中持続することがある。
  • ・承認時までの臨床試験では、小児356例中220例(61.8%)に337件、臨床検査値異常を含む副作用が認められた。主な副作用は疼痛130例(36.5%)、熱感58例(16.3%)、毛嚢炎30例(8.4%)、そう痒感28例(7.9%)、伝染性膿痂疹18例(5.1%)であった。(承認時:2003年7月)

1)FK506軟膏研究会:皮膚科紀要 92(3), 277, 1997
2)FK506軟膏研究会:西日皮膚 59(6), 870, 1997
3)大槻 マミ太郎ほか:臨床医薬 19(6), 569, 2003

効能・効果

アトピー性皮膚炎

<効能・効果に関連する使用上の注意>
ステロイド外用剤等の既存療法では効果が不十分又は副作用によりこれらの投与ができないなど、本剤による治療がより適切と考えられる場合に使用する。

用法・用量

プロトピック軟膏0.1%

通常、成人には1日1~2回、適量を患部に塗布する。なお、1回あたりの塗布量は5gまでとする。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • (1)皮疹の増悪期には角質層のバリア機能が低下し、血中濃度が高くなる可能性があるので、本剤の使用にもかかわらず2週間以内に皮疹の改善が認められない場合には使用を中止すること。また、皮疹の悪化をみる場合にも使用を中止すること。
  • (2)症状改善により本剤塗布の必要がなくなった場合は、速やかに塗布を中止し、漫然と長期にわたって使用しないこと。
  • (3)密封法及び重層法での臨床使用経験はないので、密封法及び重層法は行わないこと。
  • (4)1日2回塗布する場合はおよそ12時間間隔で塗布すること。

プロトピック軟膏0.03%小児用

通常、小児には1日1~2回、適量を患部に塗布する。なお、1回あたりの塗布量は5gまでとするが、年齢により適宜減量する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • (1)1 回あたりの最大塗布量については、以下の表を目安にする。

    用法・用量に関連する使用上の注意

    年齢(体重)区分 1回塗布量の上限
    2歳~5歳(20kg未満)  1g
    6歳~12歳(20kg以上50kg未満)  2g~4g
    13歳以上(50kg以上)  5g
  • (2)皮疹の増悪期には角質層のバリア機能が低下し、血中濃度が高くなる可能性があるので、本剤の使用にもかかわらず2週間以内に皮疹の改善が認められない場合には使用を中止すること。また、皮疹の悪化をみる場合にも使用を中止すること。
  • (3)症状改善により本剤塗布の必要がなくなった場合は、速やかに塗布を中止し、漫然と長期にわたって使用しないこと。
  • (4)密封法及び重層法での臨床使用経験はないので、密封法及び重層法は行わないこと。
  • (5)1日2回塗布する場合はおよそ12時間間隔で塗布すること。

添付文書

警告

プロトピック軟膏0.1% プロトピック軟膏0.03%小児用

(1)本剤の使用は、アトピー性皮膚炎の治療法に精通している医師のもとで行うこと。

(1)本剤の使用は、小児のアトピー性皮膚炎の治療法に精通している医師のもとで行うこと。

(2)マウス塗布がん原性試験において、高い血中濃度の持続に基づくリンパ腫の増加が認められている。また、本剤使用例において関連性は明らかではないが、リンパ腫、皮膚がんの発現が報告されている。本剤の使用にあたっては、これらの情報を患者に対して説明し、理解したことを確認した上で使用すること。

(2)マウス塗布がん原性試験において、高い血中濃度の持続に基づくリンパ腫の増加が認められている。また、本剤使用例において関連性は明らかではないが、リンパ腫、皮膚がんの発現が報告されている。本剤の使用にあたっては、これらの情報を患者又は代諾者に対して説明し、理解したことを確認した上で使用すること。

(3)潰瘍、明らかに局面を形成している糜爛に使用する場合には、血中濃度が高くなり、腎障害等の副作用が発現する可能性があるので、あらかじめ処置を行い、潰瘍、明らかに局面を形成している糜爛の改善を確認した後、本剤の使用を開始すること。

(3)同左

禁忌(次の場合には使用しないこと)

プロトピック軟膏0.1%

プロトピック軟膏0.03%小児用

プロトピック軟膏0.1% プロトピック軟膏0.03%小児用

(1)潰瘍、明らかに局面を形成している糜爛への使用(「警告」の項参照)

(1)同左

(2)高度の腎障害、高度の高カリウム血症のある患者〔腎障害、高カリウム血症が増悪する可能性がある。〕

(2)同左

(3)魚鱗癬様紅皮症を呈する疾患(Netherton症候群等)の患者〔経皮吸収が高く、本剤の血中濃度が高くなり、腎障害等の副作用が発現する可能性がある。〕

(3)同左

(4)小児等(「小児等への使用」の項参照)

(4)低出生体重児、新生児、乳児又は2歳未満の幼児〔使用経験がなく、安全性は確立していない。〕

(5)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

(5)同左

(6)PUVA療法等の紫外線療法を実施中の患者(「その他の注意」の項の(1)参照)

(6)同左

原則禁忌(次の場合には使用しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に使用すること)

プロトピック軟膏0.1%

プロトピック軟膏0.03%小児用

プロトピック軟膏0.1% ・プロトピック軟膏0.03%小児用
皮膚感染症を伴う患者〔皮膚感染症が増悪するおそれがある。〕(「重要な基本的注意」の項参照)

使用上の注意

1.慎重投与(次の患者には慎重に使用すること)

  • (1)腎障害、高カリウム血症のある患者〔腎障害、高カリウム血症が増悪する可能性がある。〕
  • (2)高度の肝障害のある患者〔薬物代謝能が低下し、本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。〕
  • (3)全身に皮疹を認める紅皮症のある患者〔経皮吸収が高く、広範囲の使用により、本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。〕

2.重要な基本的注意

プロトピック軟膏0.1%

プロトピック軟膏0.03%小児用

  • (1)重度の皮疹もしくは塗布面積が広範囲にわたる場合は、血中濃度が高くなる可能性があるので、本剤使用開始の2~4週間後に1回、その後は必要に応じて適宜腎機能検査を行い、異常が認められた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。
  • (2)本剤使用時は日光への曝露を最小限にとどめること。また、日焼けランプ/紫外線ランプの使用を避けること。(「その他の注意」の項の(1)参照)
  • (3)2年以上の長期使用時の局所免疫抑制作用(結果として、感染症を増加させたり、皮膚がんの誘因となる可能性がある)については、臨床試験成績がなく不明である。
  • (4)皮膚感染症を伴うアトピー性皮膚炎患者には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する場合には、感染部位を避けて使用するか、又はあらかじめ適切な抗菌剤、抗ウイルス剤、抗真菌剤による治療を行う、もしくはこれらとの併用を考慮すること。
  • (5)使用後、一過性に皮膚刺激感(灼熱感、ほてり感、疼痛、そう痒感等)が高頻度に認められるが、通常、皮疹の改善とともに発現しなくなるので、皮膚刺激感があることについて患者に十分説明すること。

3.相互作用

プロトピック軟膏0.1%

プロトピック軟膏0.03%小児用

併用禁忌(併用しないこと)

プロトピック軟膏0.1% ・プロトピック軟膏0.03%小児用
本剤使用中にPUVA療法等の紫外線療法を行わないこと。(「その他の注意」の項の(1)参照)

最新文献情報

ページトップへ