診療サポート

爪の解剖と生理

監修:慶應義塾大学病院 皮膚科 齋藤昌孝 先生

<爪の生え方>
爪は爪母で作られ、爪床と密着した状態を保ちながら遠位側に伸びていきます。成人の手の爪は1日に約0.1mm伸び、足の爪は手の爪よりも遅く、1日に約0.05mm伸びます。

巻き爪とは

監修・写真提供:慶應義塾大学病院 皮膚科 齋藤昌孝 先生

爪が過度に彎曲した状態を指して「巻き爪」と呼びます。彎曲の程度によって、軽度、中等度、重度と識別されることがあります。

軽度

中等度

重度

●巻き爪の原因

  • 末節骨の変形
  • 窮屈な靴やハイヒール
  • 圧迫の強いストッキングや靴下
  • 歩行量の不足
  • 外反母趾
  • 乾癬や爪白癬等の皮膚疾患

など、巻き爪の原因は多岐にわたります。

矯正具を用いた巻き爪の治療

監修:慶應義塾大学病院 皮膚科 齋藤昌孝 先生

巻き爪に対する治療としては矯正治療が主流であり、巻き爪マイスター®をはじめ、様々な矯正具が販売されています。いずれも、爪の過度の彎曲を徐々に改善させるものです。

巻き爪マイスター®製品の特徴

コイルばねに内蔵された超弾性合金ワイヤの弾性力を利用し、爪の彎曲を矯正します。コイルばねの伸縮性によって、比較的短時間で爪側縁部に装着が可能です。超弾性合金ワイヤはコイルで抱合されているため、安全性にも考慮された設計になっております。

超弾性ワイヤ

巻き上げ式ワイヤー

クリップタイプ

貼付タイプ

※上記のほかにも様々な矯正具が販売されています。

日常診療で簡単にできるフットケア

監修:ひかり在宅クリニック 今井亜希子 先生

爪周囲の角質ケア

巻き爪を切るときのポイント

爪のセルフケア指導~洗浄と保湿~

ページ
先頭へ
close

巻き爪マイスター<sup>®</sup>