ヒルドイド®製品情報

薬効薬理

  1. 血液凝固抑制作用1,2)
    血液凝固時間を延長し、血液凝固抑制作用を示す。(ヒト、イヌ、ウサギ)
  2. 血流量増加作用3-5)
    水素クリアランス法による実験で、皮膚組織血流量の増加を認めた。(ウサギ)
  3. 血腫消退促進作用4)
    実験的血腫の消退促進を認めた。(ウサギ)
  4. 角質水分保持増強作用5-8)
    皮膚に対する保湿効果を有し(ヒト)、実験的乾燥性皮膚において角質水分保持増強作用を認めた。(モルモット)
  5. 線維芽細胞増殖抑制作用2,9)
    組織癒着防止に関する実験で、線維芽細胞増殖の抑制を認めた。(ウサギ)
  • 石川 浩一 ら:外科, 17(12), 849-854, 1955
  • 中安 国裕:東京慈恵会医科大学雑誌, 76(2), 494-518, 1961
  • 前田 誠二 ら:薬効薬理(血流量増加作用)に関する社内資料, 1985
  • 木戸 裕子 ら:基礎と臨床, 30(3), 463-469, 1996
  • 土肥 孝彰 ら:薬理と治療, 29(2), 127-134, 2001
  • 安藤 隆夫 ら:日本香粧品科学会誌, 8(3), 246-250, 1984
  • 難波 和彦:久留米医学会雑誌, 51(6), 407-415, 1988
  • 赤塚 正裕 ら:薬効薬理(角質水分保持増強作用)に関する社内資料, 2001
  • 間狩 孝:日本外科宝函, 28(9), 3757-3776, 1959

水分含有率の経時変化

相対湿度64.8%及びシリカゲルデシケータ中の2つの条件下において、一定量の水を添加した各試料の水分保持能について検討した。

図:水分含有率の経時変化(相対湿度64.8%)

相対湿度64.8%において、ヘパリン類似物質の水分含有率は増加し、高い吸湿能を有することが確認された。

図:水分含有率の経時変化(シリカゲルデシケータ中)

シリカゲルデシケータ中において、ヘパリン類似物質はゆるやかな水分含有率の低下を示し、高い水分保持能を有することが確認された。

安藤 隆夫ら:日本香粧品科学会誌, 8(2), 130-134, 1984[日本香粧品学会掲載承認済]

皮表角層含水量の経時変化

ヒルドイド®ローション0.3%

モルモットの実験的乾燥皮膚に試験薬剤を塗布し、その後の皮表角層含水量を高周波伝導度を用いて経時的に測定した。

図:皮表角層含水量の経時変化

ヒルドイド®ローション0.3%は、塗布後1時間から9時間にわたり高い高周波伝導度を維持し、持続性のある高い保湿能を有することが確認された。

赤塚 正裕 ら:薬効薬理(角質水分保持増強作用)に関する社内資料, 2001

組織血流量の経時変化

ヒルドイド®クリーム0.3%

ウサギの耳介外側に試験薬剤を塗布し、その後の組織血流量の変化を水素クリアランス法を用いて経時的に測定した。

図:組織血流量の経時変化

ヒルドイド®クリーム0.3%は、塗布後1時間から4時間にわたり約15~20%の組織血流量の増加を示し、血行促進作用を有することが確認された。

前田 誠二 ら:薬効薬理(血流量増加作用)に関する社内資料, 1985

ページトップへ
サイトマップ閉じる