セミナー情報

動画ライブラリー

実施日2019.07.13

第27回日本乳癌学会学術総会 モーニングセミナーB

「乳がんにおけるがん性皮膚潰瘍の治療意義とその治療 ~QOL向上を目指して~」
  • 【座長】NTT東日本関東病院 乳腺外科 部長 沢田 晃暢 先生
昭和大学医学部乳腺外科 助教 桑山 隆志 先生
講演1:乳がんにおけるがん性皮膚潰瘍の治療意義とその治療の取組み
演者:昭和大学医学部乳腺外科 助教 桑山 隆志 先生
昭和大学病院 看護部 乳がん看護認定看護師 伊藤 由紀子 先生
講演2:看護師が実践する乳がん皮膚潰瘍ケアのポイント
演者:昭和大学病院 看護部 乳がん看護認定看護師 伊藤 由紀子 先生

実施日2019.06.22

第24回日本緩和医療学会 ランチョンセミナー13

「緩和ケアに必要ながん性皮膚潰瘍ケア ~その治療意義とケアのポイント~」
  • 【座長】洛和会丸太町病院 院長 細川 豊史 先生
がん患者のトータルペインを増強させない、がん性皮膚潰瘍の管理
講演1:がん患者のトータルペインを増強させない、がん性皮膚潰瘍の管理
演者:JA愛知厚生連江南厚生病院 がん看護専門看護師 皮膚・排泄ケア 認定看護師 祖父江 正代 先生
ががん性皮膚潰瘍の現状とその治療意義
講演2:がん性皮膚潰瘍の現状とその治療意義
演者:聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科 助教 志茂 新 先生

がん性皮膚潰瘍におけるロゼックスゲルの位置づけ

がん性皮膚潰瘍におけるロゼックスゲルの位置づけ
監修:昭和大学医学部乳腺外科 教授 中村 清吾先生

がん性皮膚潰瘍に伴う臭いの治療意義とその治療

がん性皮膚潰瘍に伴う臭いの治療意義とその治療
監修:国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科 科長 山﨑 直也先生

がん性皮膚潰瘍に伴う臭いに対するケアの実際

がん性皮膚潰瘍に伴う臭いに対するケアの実際
監修:新潟県立がんセンター新潟病院 副院長 竹之内 辰也先生

Webセミナーアーカイブ

実施日2019.04.18

がん性皮膚潰瘍患者さんのQOL向上を目指して

Opening Remarks

司会の洛和会丸太町病院 院長 細川 豊史先生にがん性皮膚潰瘍の治療意義について、セミナー冒頭にお話しいただいております。

講演1:乳腺外科におけるがん性皮膚潰瘍ケア

がん性皮膚潰瘍の具体的なケア方法について、乳腺外科医師の立場より、聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科 助教 志茂 新先生にご講演いただいております。

講演2:皮膚科におけるがん性皮膚潰瘍ケア

がん性皮膚潰瘍の具体的なケア方法について、皮膚科医師の立場より、新潟県立がんセンター新潟病院 副院長 竹之内 辰也先生にご講演いただいております。

ディスカッション・Q&A

がん性皮膚潰瘍の治療実態を踏まえ、がん性皮膚潰瘍の治療意義をディスカッションを通じて、改めて検討しております。また、本セミナーの内容に対するQ&Aも掲載しております。

実施日2018.03.23

がん性皮膚潰瘍臭ケアの実践 ~患者さんのQOLのために~

がん性皮膚潰瘍臭ケアの実践 ~患者さんのQOLのために~
講演1:がん性皮膚潰瘍臭ケアの意義
演者:聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科 助教 志茂 新 先生
講演2:がん性皮膚潰瘍臭に対するロゼックスゲルの位置づけ
演者:昭和薬科大学臨床薬学教育研究センター 臨床薬学分野実践薬学部門 教授 渡部 一宏 先生
講演3:がん性皮膚潰瘍臭ケアの質を高めるコツ
演者:聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科 助教 志茂 新 先生
ページトップへ