HOME

がん性⽪膚潰瘍の治療計画

がん性皮膚潰瘍を有する患者さんの病状や患部の状態は、患者さんによってさまざまであり、どのような状態の患者さんにも一定の質を保った治療を提供するために治療を標準化しておくことは重要です。このコンテンツでは、標準化された治療計画に沿った診療を行われている施設の医師・看護師に、治療計画の内容と運用、および実際のケアについてご紹介いただきます。

昭和⼤学におけるがん性⽪膚潰瘍の各症状の治療アルゴリズムと実際のケア

  • 総監修昭和大学医学部乳腺外科 教授 中村 清吾先生
  • 監修・出演昭和大学医学部乳腺外科 講師 井手 佳美先生
  • 監修・出演昭和大学病院看護部 伊藤 由紀子先生
昭和⼤学におけるがん性⽪膚潰瘍の治療アルゴリズムと実際のケア

第1回:治療アルゴリズムの必要性とその運用について

  • 治療アルゴリズムの必要性とその運用、治療介入前の問診時のポイントをご紹介しています。
  • (再生時間:03分39秒)
  • 2019年09月09日公開

  • 出血がある場合の処置の流れ、ガーゼ保護や患者説明のポイントをご紹介しています。
  • (再生時間:03分34秒)
  • 2019年10月28日公開

  • 感染がある場合の処置の流れ、内服薬投与および皮膚ケアのポイントをご紹介しています。
  • (再生時間:03分13秒)
  • 2019年11月25日公開

  • 滲出液が多い場合の処置の流れ、ロゼックス®ゲル等の使い方などのポイントをご紹介しています。
  • (再生時間:03分24秒)
  • 2019年12月23日公開

  • 滲出液が中等量までの処置の流れ、ロゼックス®ゲルの使い方や臭気に関する患者説明のポイントをご紹介しています。
  • (再生時間:03分08秒)
  • 2020年01月27日公開
ページトップへ