アメナリーフ

薬物相互作用


アメナメビルはCYP3Aで代謝されます。また、CYP3A及び2B6を誘導、CYP2C8を阻害します。

アメナメビルが併用薬の薬物動態に及ぼす影響(外国人データ)

ミダゾラム及びブプロピオンは、アメナメビルのCYP3A及びCYP2B6誘導作用により代謝が促進されることが示唆されました。なお、休薬7日目には通常の活性に回復しました。また、モンテルカストはアメナメビルのCYP2C8阻害作用により代謝が抑制されることが示唆されました。CYP2C9及びCYP2C19の基質であるワルファリンは、アメナメビルの併用による影響を受けないことが示唆されました。

アメナメビルが併用薬に及ぼす影響

  • 社内資料:ミダゾラムとの薬物相互作用試験(M522101-EU24試験)
  • 社内資料:ブプロピオンとの薬物相互作用試験(M522101-EU25試験)
  • 社内資料:モンテルカストとの薬物相互作用試験(M522101-EU23試験)
  • 社内資料:ワルファリンとの薬物相互作用試験(15L-CL- 018試験)

併用薬がアメナメビルの薬物動態に及ぼす影響(外国人データ)

リファンピシンはCYP3A誘導作用によりアメナメビルの代謝を促進することが示唆されました。リトナビル及びケトコナゾールはCYP3A阻害作用によりアメナメビルの代謝を抑制することが示唆されました。また、機序は不明ですが、シクロスポリンはアメナメビルの吸収を低下させることが示唆されました。

併用薬がアメナメビルの薬物動態に及ぼす影響(外国人データ)

  • 社内資料:リファンピシンとの薬物相互作用試験(15L-CL- 009試験)
  • 社内資料:リトナビルとの薬物相互作用試験(M522101-EU22試験)
  • 社内資料:ケトコナゾールとの薬物相互作用試験(15L-CL- 008試験)
  • 社内資料:シクロスポリンとの薬物相互作用試験(M522101-EU21試験)

【使用上の注意】

  • 重要な基本的注意

    • 本剤は、原則として7日間使用すること。改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、速やかに他の治療に切り替えること。

  • 相互作用

    アメナメビルはCYP3Aで代謝される。またCYP3A及び2B6を誘導する。
    • 併用禁忌(併用しないこと)

      リファンピシン(リファジン)

    • 併用注意(併用に注意すること)

      CYP3Aの基質となる薬剤(ミダゾラム、ブロチゾラム、ニフェジピン等)、CYP3Aを阻害する薬剤(リトナビル、クラリスロマイシン等)、グレープフルーツジュース、シクロスポリン、CYP3Aを誘導する薬剤(リファブチン、カルバマゼピン、フェノバルビタール等)、セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品、CYP2B6の基質となる薬剤(エファビレンツ)


ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ