アメナリーフ

開発の経緯


アメナリーフ錠は、本邦で創製された非核酸類似体のアメナメビルを有効成分とする、新規作用機序の抗ヘルペスウイルス薬です。

アメナメビルは、ヘルペスウイルスDNAの複製に必須の酵素であるヘリカーゼ・プライマーゼ複合体の活性を阻害することで、二本鎖DNAの開裂及びRNAプライマーの合成を抑制し、抗ウイルス作用を示します1)。一方、これまで本邦で承認された経口抗ヘルペスウイルス薬はすべて核酸類似体であり、デオキシグアノシン三リン酸と競合的に拮抗してウイルスDNAの複製を阻害することで抗ウイルス作用を示します。このように、本薬は、既存の経口抗ヘルペスウイルス薬と作用機序が異なり、核酸類似体であるアシクロビルと交差耐性を示しません1)

アメナメビルは、水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)及び単純ヘルペスウイルス(HSV)に対して高い抗ウイルス活性を有することが確認されており(in vitro)1)、国内外で帯状疱疹及び単純疱疹を対象疾患とした開発が進められました。

本邦で実施した帯状疱疹患者を対象とした臨床試験の結果、1日1回400mg食後投与での有効性が示されました。また、認められたベネフィットを踏まえると安全性は許容可能と判断されたことから、2017年7月に「帯状疱疹」の適応症で製造販売承認を取得しました。

  • DNAヘリカーゼ、DNAプライマーゼ及びDNA依存的ATPaseの活性を有する酵素複合体

  • Chono, K., et al.:J Antimicrob Chemother, 65(8), 1733(2010)


ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ