新生児から小児のスキンケア

監修:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

スキンケアのポイント

動く小児にいかに早く、むらなく塗布するためには工夫が必要です。また、保護者に適切なスキンケアを行ってもらうためにも、医師または看護師が実践してみせることが非常に重要です。

スキンケアのポイント

  • 保護者の前で実践する
  • 小児の生活に合わせた回数を勧める
  • 季節や乾燥の程度、継続して塗布できる剤形を選択する
  • 入浴後は早目に保湿剤を塗る

スキンケアの実際

1.塗布したい部位に保湿剤を点在させる

塗布したい部位に保湿剤を点在させる

保湿剤を適正量取り、塗布したい部位の数ヵ所に保湿剤を点在させていきます。

2.保湿剤は広い範囲に塗布する

保湿剤は広い範囲に塗布する

手のひらで均等にのばすように塗り広げます。

ページトップへ
サイトマップ閉じる