皮脂欠乏症とは

監修:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

皮脂欠乏症とは

皮膚表面の皮脂が減少することにより角層の水分量が減少して、乾燥を生じる疾患です。

発症原因

年齢 皮脂分泌量の少ない乳幼児や小児、加齢に伴い皮膚表面の皮脂や角質細胞間脂質・天然保湿因子などが減少する高齢者
季節 外気の乾燥、気温低下により発汗量が減少する秋~冬
生活習慣 体の洗いすぎや過度な冷暖房の使用
原疾患 アトピー性皮膚炎などの乾燥を伴う皮膚疾患、糖尿病などの内臓疾患
乾燥を悪化させる治療 血液透析や一部の抗がん剤治療など

症状

はじまり

図:皮脂欠乏症

皮脂欠乏症の初期では、皮膚表面がざらつき、白い粉をふいたような鱗屑がみられる。また、痒みに敏感になる。

 

悪化すると

図:皮脂欠乏症~皮脂欠乏性湿疹

亀甲状に皮膚がひび割れを生じる上、痒みが強くなる。

 

さらに悪化すると

図:皮脂欠乏性湿疹

さらに進行して炎症(湿疹)を伴うようになると皮脂欠乏性湿疹に至る。夜眠れないほどの痒みを伴う場合もある。

写真提供:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

好発部位

下腿や大腿、腰回り、わき腹などに好発します。

ページトップへ
サイトマップ閉じる