皮脂欠乏症の主な原因:透析

監修:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

乾燥が起きる機序

透析患者では角層の水分保持機能は保たれているものの、恒常的に皮膚への水分供給が低下しており、これが角層水分量低下の原因と考えられます。さらに、長期にわたる透析期間に応じて皮脂腺や汗腺が萎縮して、皮脂や汗の分泌が低下することにより皮脂膜が十分に形成、機能できなくなります。それにより、特に皮膚表面の水分が減少し、粗造化を引き起こすと考えられます。このような変化が起こる疾患では、通常、経表皮水分蒸散量(TEWL)は皮膚バリア機能の低下を反映して上昇しますが、透析患者では変化が認められないか、健康成人に比べてむしろ低下しています。これは、透析患者では皮膚への水分の供給量が減少しているためと推察されます。

*経表皮水分蒸散量(Transepidermal water loss:TEWL):
皮膚から蒸散する水分量であり、角層バリア機能の指標である。TEWLが高いほど皮膚バリア機能が低下していると考えられる。

正常な皮膚

図:正常な皮膚

透析患者の皮膚

図:透析患者の皮膚

川島 眞 ら:腎と透析, 75(2), 275-281, 2013 より一部改変

透析患者の皮膚の生理学的特徴

角層水分量は乾燥皮膚の客観的指標の一つであり、乾燥症状と角層水分量は相関することが知られています。透析患者の全身の各部位の角層水分量は、痒みを有する透析患者のみならず痒みを有さない患者においても健康成人に比べて角層水分量が低下しています。特に、角層深層よりも角層表層の水分量低下が顕著です。

試験概要

対象

健康成人10例(平均年齢55歳)、痒みを有する透析患者10例(平均年齢57歳)、痒みを有さない透析患者8例(平均年齢45歳)

方法

角層水分量を角層深層はCorneometer®-820PC、角層表層はSkicon-200を用いて測定した。

解析計画

統計学的有意差検定は、Studentのt検定を行った。

結果

図:角層深層の水分量(Corneometer-820PC) 角層表層の水分量(Skicon-200)

Park TH et al.:Nephrol Dial Transplant, 10(12), 2269-2273, 1995

ページトップへ
サイトマップ閉じる