メインコンテンツに移動

薬剤師のための情報 maruho square

本サイトに掲載されている内容や監修・出演の医療関係者の皆様のご所属などは公開当時のものとなります。現在と異なる場合もございますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

maruho square(マルホ スクエア)とは?

マネジメント、医療制度、地域医療連携などをテーマに、保険薬局や薬剤師の先生方の取り組みを紹介しています(年4回発行)。同コンテンツは季刊誌「maruho square」より、テーマ別に記事を抜粋して掲載しています。

maruho square アーカイブ

更新情報

2021年8月16日
「マルホ スクエア No.40」を公開しました。

保険薬局マネジメント

2021.8.16掲載

記事/インライン画像
一般財団法人和同会 和同会薬局 理事長 谷田 弘 先生
記事/インライン画像
一般財団法人和同会 和同会薬局 薬剤部長 澤井 一 先生
記事/インライン画像
一般財団法人和同会 和同会薬局 薬剤師 田中 祥子 先生

QRコードを利用した薬局における新たな服薬支援ツール
~保健薬局薬剤師から動画で情報を発信~

  • 一般財団法人和同会 和同会薬局 理事長 谷田 弘 先生
  • 薬剤部長 澤井 一 先生
  • 薬剤師 田中 祥子 先生

薬物治療の複雑化、薬剤投与デバイスの種類の増加、高齢化の急速な進展などにより、薬を正しく使用できないケースが散見され、保険薬局薬剤師(以下、薬局薬剤師)による服薬支援は必要不可欠だ。また、在宅医療では多職種連携が求められ、顔の見える関係作りや情報共有が重要となる。しかし、新型コロナ感染症(COVID-19)のため、時限的措置として『新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて(0410対応)』が発出されるなど、対面での服薬支援は難しくなり、在宅医療の場でも多職種の集まりを避ける傾向にある。このようなことを踏まえ、一般財団法人和同会和同会薬局(東京 都文京区、千代田区に2店舗運営)ではQRコードを用いた動画配信を活用し情報提供を行っている。その中心的役割を果たしている谷田理事長、澤井先生、田中先生にQRコードによる動画配信のきっかけと実際、今後の展望を伺った。

続きを読む

チーム医療と薬剤師

2021.8.16掲載

記事/インライン画像
株式会社ファーマダイワ 小幡調剤薬局 研修部主任 薬剤師 中 雄太 先生

地域包括ケアシステムにおいて指名される薬局薬剤師をめざす
~かかりつけから在宅まで~

  • 株式会社ファーマダイワ 小幡調剤薬局 研修部主任 薬剤師 中 雄太 先生

厚生労働省は、国民の4人に1人が後期高齢者となり世界に類を見ない超高齢化社会に突入する2025年を見据え、これまでに医療介護の一体改革、地域包括ケアシステムの構築・進展などの施策を講じてきた。その一環として保険薬局に対して「患者のための薬局ビジョン」をスタートさせ、健康サポート、高度薬学管理、24時間対応・在宅対応、医療機関などとの連携という機能を推進してきた。特に、薬局薬剤師個人に対し、地域医療に貢献する人材か否かの評価も開始している。株式会社ファーマダイワ(本社:熊本市南区、熊本県下に30店舗展開)小幡調剤薬局の中 雄太先生は、地域の患者さんや多職種から選ばれる薬局薬剤師をめざし取り組んでいるという。そこで、その取り組みと今後の展望を伺った。

続きを読む

リスクマネジメント

2021.8.16掲載

記事/インライン画像
リスクマネジメント

褥瘡治療外用薬の基剤は薬効成分と同等の効果をもつ
~基剤特性が細胞外マトリックス複合体形成に関与して治癒を促進~

  • 医療法人愛生館 小林記念病院 褥瘡ケアセンター センター長 国立長寿医療研究センター 薬剤部研究員 古田 勝経 先生

地域包括ケアと薬剤師

2021.8.16掲載

記事/インライン画像
「薬剤師3.0」実現のための処方箋(6)

「薬剤師3.0」実現のための処方箋(6)

  • ファルメディコ株式会社 代表取締役社長/医師・医学博士 狹間 研至 先生

地域包括ケア時代の薬局経営

2021.8.16掲載

記事/インライン画像

ケアマネジャー(介護支援専門員)との連携

  • HYUGA PRIMARY CARE株式会社(きらり薬局) 代表取締役社長/薬剤師 黒木 哲史 先生

皮膚外用剤の基礎知識

Question & Answer

  • 医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー 取締役 堀 美智子 先生

お問い合わせ

お問い合わせの内容ごとに
専用の窓口を設けております。

各種お問い合わせ

Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

ページトップへ