RECRUITING SITE 2019

社員&職種紹介

職種-Career-

MR職

役割と仕事内容
MR(Medical Representative/医薬情報担当者)の主な業務は、医療機関を訪問し、自社製品に関する情報を医師・薬剤師などの医療者に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、臨床現場から医薬品などの有効性・安全性について情報収集した内容を自社に報告すること、そして、その情報を臨床現場にフィードバックすることです。医療のプロである医師や薬剤師に対して価値のある情報提供を行うためには、高い専門性や伝達スキルが求められます。「薬物療法のパートナー」として医療の一端を担い、生命に直結する「薬」を扱う仕事であるため、社会に貢献する高い倫理観が必要です。
マルホのMRが誇る専門性
国内で唯一の皮膚科学のスペシャリティーファーマとして、MR活動においても高い専門性を武器にした活動を行っています。皮膚科学の知識が充実していることから、自社製品に関わる部分的な情報提供でなく、治療全体をとらえた総合的な情報提供を行える点が最大の特徴です。皮膚科以外の診療科に対しても、他社とは差別化された得意領域の知識により、「頼りにされるMR活動」を行うことができます。マルホでは、MRが市区町村で区別されたエリアを管理する「エリア制」を採用しています。そのため、自社製品やそれに付随した疾患情報だけでなく、地域に密接した詳細なネットワーク情報を把握しているため、地域医療の架け橋になることも得意としています。さらに、研修内容の改善や製品情報センター、流通推進部、ファーマシー事業部などの本社営業スタッフ機能の充実や、全国10支店の連携強化などを行いながら、より効率的に質の高い情報提供を行う体制を整えています。

開発職

役割
「皮膚の健康を求める世界中の人々に、価値ある製品と情報を届けること」と「その製品の価値を最大化すること」を目的に、開発品の特徴を最大限に引き出すための開発戦略・治験計画を立案し、GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)などの関連法規に基づいた承認申請に必要な臨床試験の実施を担っています。
仕事内容
  • 臨床開発戦略に基づいた臨床試験の計画立案・遂行
  • 臨床試験等のデータを基にした報告書や申請書等の作成
  • 医師ネットワークの構築・維持
  • 競合開発品等の情報収集
  • 臨床試験で使用する治験薬の管理
  • GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)に基づいた臨床試験で使用する資料の品質管理
  • 臨床試験で集積された症例データの管理
  • 臨床試験で集積された症例データの統計解析に関する業務

研究職

役割
「皮膚の健康を求める世界中の人々に、価値ある製品と情報を届けること」と「その製品の価値を最大化すること」を目的に、新たな開発プロジェクトを提案するための創薬研究や開発プロジェクトにおける非臨床試験(開発研究)を行い、医薬品の品質・安全性および有効性の確保を担っています。
仕事内容
「探索研究」と「開発研究」の大きく二つのステージに分かれています。「探索研究」は、医薬品開発の上流に位置し、新規有効成分の探索を中心とした創薬研究を行います。探索研究により創出された候補化合物は「開発研究」へと進み、医薬品の製造販売承認の取得へ向けて、候補化合物の生物学的性質の把握や安全性の評価を行います。
1.探索研究(創薬研究)
国内外研究機関における病態病理研究の調査や共同研究などに基づいて、新たな創薬研究テーマの企画立案を行い、新規有効成分の合成、各種スクリーニング評価(薬効・薬物動態・安全性)を実施して新たな開発候補品の創出を担っています。
創薬研究職種
合成:ドラッグデザイン、評価化合物合成
薬理:病態病理基礎研究、テーマ探索、評価系構築と有効性評価(in vitro, in vivo)
薬物動態:初期薬物動態(eADME)評価(in vitro, in vivo)
2.開発研究
国内外での医薬品の開発および安全性・薬理・薬物動態に関する各種研究を行います。
  • 安全性研究
    単回および反復投与毒性、遺伝毒性、がん原性、生殖発生毒性、局所刺激性などの毒性試験を動物または細胞を用いて実施し、原薬または製剤の安全性を評価するとともに、臨床使用における薬物投与量の安全域の推定などを行います。
  • 薬理研究
    動物、組織または細胞を用いて、原薬または製剤の薬理作用を評価するとともに、その作用機序を解明し、ヒトにおける有効性の推定を行います。
  • 薬物動態研究
    薬物の吸収・分布・代謝・排泄(ADME)を確認する薬物動態試験の実施、臨床使用における体内動態・有効性・安全性の推定、臨床試験で得られる生体試料中の薬物濃度の分析などを行います。
また、これ以外にも既存製品に関わる新たな情報収集やエビデンス追加、製品改良を目的とした非臨床研究なども実施しています。

CMC職
※CMC:Chemistry,Manufacturing and Controls

役割
「広範囲の技術分野に携わる医薬品のモノ創りの要」として、創剤研究、原薬プロセス開発・製剤開発から非臨床試験及び臨床試験に用いる原薬及び製剤(治験薬)の供給、商業生産への移行、医薬品の安定供給の確保など、長い時間軸における技術・情報・品質評価などを担っています。
仕事内容
1、研究
  • 製剤研究
    創剤研究、現有品改良等における薬物の剤形化及び処方設計を行うとともに、新規製剤技術の確立、各種スクリーニング評価を実施し、新たな開発候補外用剤の創出及びテーマ企画を行います。
  • 工業化研究
    <製剤>
    非臨床試験および臨床試験用製剤(治験薬)の製造、製剤の工業化研究・生産サイトへの技術移転などを行います。
    <原薬>
    開発品の原薬の製造・調達、その代謝物の合成、原薬の工業化研究・生産サイトへの技術移転などを行います。
  • 分析研究
    研究開発段階の原薬・製剤の分析研究・物性評価、品質規格と試験方法の設定、試験方法の生産サイトへの技術移転などを行います。
2、生産
  • 製剤製造
    医薬品の製剤製造(秤量・調製・製造設備維持管理)、製剤工程の改良・スケールアップ検討、新規製造品目の工業化検討・新規設備の設計・導入、製造委託先への技術指導ならびに技術移管などを行います。
  • 品質管理
    原料・中間製品・最終製品の理化学的試験、微生物学的試験、安定性試験、生産資材・最終製品の品質検査、製造工程の改善や新規設備導入に伴う品質評価、医療機関からの問い合わせに対する調査・検討などを行います。
  • 充填包装設備管理
    医薬品の充填包装設備の維持管理(品目変更、保守・保全業務)、充填包装設備の改良検討、新規設備導入の検討・設計・検収等を行います。
  • 原薬製造
    原薬の製造、製造工程改良の検討、生産設備の維持管理・改良・新規導入検討、原料・中間体・原薬の理化学的試験、原薬の出荷などを行います。

財務経理職

役割
日々の会計処理や支払管理から月次決算、年次および四半期決算、税務申告、予算管理、国内外子会社の経理業務支援などの経理業務や、資金計画や資金繰り、金融機関対応、資本政策、投資計画等に関する事業価値評価などの財務業務を通じて、マルホの長期ビジョン実現に向け、国内外子会社を含むマルホグループ全体を俯瞰する戦略的視点を持って企画・立案や業務の改善を行い、グループ各社が機動的かつ効率的に活動できるようにする役割を担う部署の仕事です。
仕事内容
  • 月次決算や予算管理などの経営管理に関する業務
  • 年次および四半期決算(単体・連結)に関する業務
  • 税務に関する業務
  • 内部管理体制の整備・支援に関する業務
  • 会計システムの開発・運用に関する業務
  • 国内外子会社の経理業務支援に関する業務
  • 資金計画・資金調達の方針・実行に関する業務
  • 債権入金、債務支払いに関する業務
  • 金融機関等との取引に関する業務
  • 資本負債政策等の財務戦略立案に関する業務
  • M&A 等に係る事業価値評価に関する業務
ページトップへ